FC2ブログ

2018年08月16日 (木) 22:00:00

最終回の能見投手緊急登板の火消しで広島を下す!!

  RHE
広  島000001010 251
阪  神01001001x 3102


終盤まで大いに競り合いましたが、緊急登板の能見投手の見事な火消しで広島に勝利でした。勝ち越し打は8回の大山選手のタイムリーだったんですが、私の実感でも、スカイAの実況でも、原口選手を差し置いての代打大山選手は大いに疑問手ながら、結果オーライで勝ち越しました。最終回はクローザーのドリス投手が頭部死球で一発退場をくらいましたが、能見投手のベテランの味が堪能できました。

明日からの東京ヤクルト戦も、
がんばれタイガース!
Entry No.5836  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月16日 (木) 20:26:00

またしても赤字を記録した7月の貿易統計をどう見るか?

本日、財務省から7月の貿易統計が公表されています。季節調整していない原系列の統計で見て、輸出額は前年同月比+3.9%増の6兆7474億円、輸入額も+14.6%増の6兆9786億円、差引き貿易収支は▲2312億円の赤字を計上しています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

7月の貿易収支、2312億円の赤字 輸出の伸び悩み響く
財務省が16日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2312億円の赤字だった。赤字は2カ月ぶり。輸出の伸びが限定的だったうえ、中東からの原油の輸入が増え、輸入額の増加が上回った。
QUICKがまとめた民間予測の中央値(500億円の赤字)に比べて赤字額が大きかった。
輸出額は前年同月比3.9%増の6兆7474億円だった。20カ月連続で増加した。韓国向けの重油に加え、アジア向けの半導体製造装置や半導体部品の輸出が好調だった。
輸入額は14.6%増の6兆9786億円だった。アラブ首長国連邦(UAE)からの原油や、アイルランドからの医薬品が大幅に増加した。原油の円建て輸入単価は56.2%上昇した。
7月の為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=110円78銭。前年同月に比べて1.5%円高・ドル安に振れた。
7月の対米国の貿易収支は5027億円の黒字で、黒字額は22.1%減少した。減少は2カ月ぶり。2カ月連続で輸出額が減ったことが響いた。前年に好調だった反動で、自動車や自動車部品の輸出が減った。鉄鋼の輸出も減少した。半面、航空機エンジンや液化石油ガス(LPG)の輸入が増えた。


いつもの通り、包括的によく取りまとめられた記事だという気がします。次に、貿易統計のグラフは以下の通りです。上下のパネルとも月次の輸出入を折れ線グラフで、その差額である貿易収支を棒グラフで、それぞれプロットしていますが、上のパネルは季節調整していない原系列の統計であり、下は季節調整済みの系列です。輸出入の色分けは凡例の通りです。

photo


引用した記事にもある通り、日経・QUICKによる市場の事前コンセンサスは▲448億円でしたし、レンジの下限でも▲1990億円でしたから、実績値の▲2312億円の赤字というのはやや大きい赤字、と私は受け止めています。そして、この7月貿易赤字の要因を考えると、輸出サイドでは輸出数量の停滞、特に米国向け輸出数量の減少、そして、輸入サイドでは輸入価格の上昇、ということになろうかと思います。季節調整していない原系列の貿易指数の前年同月比で見て、輸出数量は年度明けから、4月+7.2%、5月+6.4%の後、6月+3.2%に続いて、7月はさらに落ちて+0.8%を記録しています。特に米国向け輸出数量は7月▲4.8%に落ち込んでいます。一方、輸入価格は同じ時期に4月+3.8%上昇、5月+7.0%、6月+7.4%から、とうとう7月には+10.2%の上昇に達しています。基本的に、国際商品市況における石油価格をはじめとする一次産品の価格上昇が主因であろうと考えられます。ただ、今月から貿易指数が2015年基準に改定され、今月末の確報公表時まで接続指数が明らかではなく、いつもの輸出のグラフは書けませんでした。この先、世界的な貿易摩擦の激化や通商政策の動向に伴って、年明けくらいから我が国の輸出も何らかの影響を受ける可能性が高い、というのがエコノミストの間の緩やかなコンセンサスかもしれません。
Entry No.5835  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月15日 (水) 22:00:00

広島にマジック32が点灯して阪神の終戦近し!!

  RHE
広  島003101100 6100
阪  神002000002 4110


いよいよ、広島にマジック32が点灯して阪神の終戦が近づいたカンジです。さすがに、今季の実力を踏まえると、この時期に3連勝は夢のまた夢だったような気がします。そろそろ、シーズンの目標を優勝から、別の何かに変更すべきタイミングなのでしょう。夢を諦めるのはツラいところです。

明日は、
がんばれタイガース!
Entry No.5834  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月15日 (水) 19:39:00

マクロミル・ホノテ「第4回 災害や防災に関する定点調査」の結果やいかに?

異常気象による災害や数十年振りの天候が毎年のように起こっている中で、マクロミル・ホノテから先週8月7日(火)に「第4回 災害や防災に関する定点調査」の結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査結果のTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • "恐れている災害"、「豪雨、洪水」が急上昇。しかし1位は依然、圧倒的に「地震」
  • 94%が、"5年以内に日本で大災害が起きる"と回答。起きると思う災害で、上昇傾向なのは
    「豪雨、洪水」「土砂災害」、そして「中長期の天候災害」。この夏の猛暑も影響?
  • 大災害への不安が高まる一方、防災意識はほとんど変わらず
  • ペットの防災、飼い主の実施率は6割


最後のペットの防災については、誠に申し訳ないながら、私はそれほど興味ないんですが、いくつか、グラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフは、マクロミル・ホノテのサイトから引用していますが、恐れている災害について、過去3回の調査結果をプロットして比較しています。従来からもっとも恐れられている災害は「地震」であり、96%とほぼ全員が回答しています。続いて2位は前回の調査より13%ポイントも上昇した「豪雨、洪水」の67%でした。また、「土砂災害」も、前々回と比較すると10%ポイント上昇しています。西日本豪雨の影響などからか、豪雨、洪水、土砂災害などへの恐怖感が高まっているように見受けられます。

photo


続いて、「この先5年以内に、国内で生命や社会生活に大きな被害をもたらす大災害が起きると思うか」との質問に対して94%が「起きると思う」と回答したところ、上のグラフは、マクロミル・ホノテのサイトから引用していますが、起きると思う大災害の上位7位をプロットしています。見れば明らかですが、1位は「地震」で90%、次いで「豪雨、洪水」62%、「土砂災害」40%、「津波」36%と続きます。前回の今年2018年2月調査よりもスコアが軒並み上昇しており、特に「豪雨、洪水」と「土砂災害」で上昇幅が大きく、西日本豪雨の影響なのかもしれません。

最後に、グラフは引用しませんが、今回の調査でも、大災害に対する恐怖や不安が高まる一方で、防災を「意識している (『とても意識している』と『やや意識している』の合計)」と回答した人は61%という結果で、前回の調査の59%から特に上昇したわけでもなく、「防災意識はほとんど変わらず」と結論しています。私自身をかえりみて判る気もします。
Entry No.5833  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月14日 (火) 21:40:00

優勝のためには3連勝しかない広島戦にまず先勝!!

  RHE
広  島000102010 483
阪  神00012004x 7110


もう1戦たりとも落とせず、3連勝しかない広島戦にまず先勝でした。結果的には、8回の攻防が勝負を分けましたが、引き続き、打線は好調で得点は入ります。先発岩貞投手は粘り強い投球でしたし、藤川投手の失点は不運としか言いようがありません。点差があったとはいえ、クローザーのドリス投手は完璧でした。私の勝手な思い込みですが、最近の試合を見ていると、サード鳥谷とキャッチャー梅野なら勝率が高いような気がします。

明日も、
がんばれタイガース!
Entry No.5832  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月14日 (火) 19:27:00

あおぞら銀行「シニアのリアル調査」結果やいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、先週8月9日(木)にあおぞら銀行から「シニアのリアル調査」の結果が明らかにされています。あおぞら銀行によれば、日本の60代を中心とするチャレンジ精神旺盛でアクティブな世代を「Brilliant60s=輝ける60代」と名付け、ポジティブな人生をおくるサポートをすべく、シニア層のお客さまへの資産運用コンサルティングに注力しているところ、コアとなる全国の55~74歳の男女約2,000名を対象にした調査だそうです。実は、私も今年は還暦で来月に60歳に達しますので、一端なりとも少し見ておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはリポートから、季節に合わせて「お盆玉」の認知度に関する質問の結果を最近3年間でプロットしたものです。シニアでもまだ40%に達しない認知度ですから、私が知らなくてもしょうがないところですが、「お盆玉」とは語感から軽く想像されるように、お盆の時期に子や孫にあげるお小遣いのことです。統計局で消費統計を担当していたエコノミストとして恥ずかしながら、私はこのリポートを見るまで知りませんでした。グラフは引用しませんが、最近3年間では軽く5,000円を超えているようです。

photo


次に、上のグラフはリポートから、孫のために購入したことのあるものを引用しています。見れば明らかで、1位に節句の人形が53.0%でもっとも多く、次いで2位にランドセル46.3%、3位に自転車30.5%が続いています。私は孫がまだいませんので判りませんが、確かに、ウチの倅どもに端午の節句の武者人形が送られてきたことは記憶していて、毎年、それなりの季節には飾っています。

シニアに片足が入り始めたという観点からは、それほど参考にはなりませんでしたが、一般的なシニア消費の一端、いわゆる孫消費については大いに参考になった気がします。これだけシニア=高齢者が豊かで現役世代への移転があるんですから、社会保障給付を少し考えればいいような気もします。世代間不公平を是正する必要は明らかです。
Entry No.5831  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月13日 (月) 21:41:00

第一生命経済研「天変地異が日本経済に及ぼす影響」やいかに?

やや旧聞に属する話題ながら、先週8月7日(火)に、第一生命経済研から「天変地異が日本経済に及ぼす影響」と題するリポートが明らかにされています。タイトルはキャッチーなんですが、地震などの天災も分析の対象に入っているものの、実は、主たる部分は気象と消費の関係に着目している感もあります。ただ、私のようなエコノミストの目から見て、天災はもちろん、気候条件は経済外要因として片づけてしまいがちでしたので、それなりに目を啓かせてくれるような気もします。グラフを引用しつつ、簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはリポートから夏季に当たる7~9月期の日照時間と家計消費の関係を引用しています。基本的に、消費と日照時間と気温の関係を初歩的な最小二乗法(OLS)を用いた消費関数で推計しようと試みているんですが、その結果として、過去20年のデータを用いた推計パラメータから、7~9月期の日照時間が全国平均で+10%増加すると、同時期の家計消費支出が+0.51%程度押し上げられることになり、これを気温に換算すれば、7~9月期の平均気温が全国平均で+1℃上昇すると、同時期の日照時間が+10.5%増加する関係があることから、家計消費支出を約+3,186億円(+0.54%)程度押し上げる、との結論を示しています。気温が高くて日照時間が長ければ消費は上振れする、という経験的な事実を確認できるように私は受け止めています。

photo


すでに爆買いの段階は終息しつつあるような気もしますが、インバウンド消費と天変地異の関係も気にかかるところで、上のグラフはリポートから非居住者家計の直接購入額と訪日外客消費の関係を引用しています。ここでは消費ではなく需要項目別では輸出ということになりますが、天変地異に起因するインバウンド消費の変動については、豪雨被害や大阪北部地震の悪影響といった潜在的な押し下げリスクを指摘しています。

最後に、このリポートでは、最初に指摘した通り、かなり初歩的な推計手法を用いていて、気温や日照時間と消費の間にリニアな関係を想定していますが、私は今年のような猛暑を目にして quadratic な関係を想定すべきではないか、すなわち、気温/日照時間と消費は単純な正の相関ではなく、逆U字型の関係があり、ある気温までは正の相関を保ちつつ、反転して気温が高過ぎると消費にマイナスの影響を及ぼし始める転換点がある可能性を忘れるべきではないと考えます。実証していませんので、直観的な思考結果に過ぎませんが、その転換点を探るためには、単純にリニアな関係を想定するのではなく、消費関数に気温/日照時間の二乗項を入れるなどの工夫が必要そうな気がします。
Entry No.5830  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月12日 (日) 21:45:00

投手陣が横浜打線につかまり2ケタ失点で連勝ストップ!!

  RHE
阪  神200100020 582
横  浜02202312x 12170


打線はそこそこ好調で初回に先制したんですが、期待のドラ1馬場投手をはじめ投手陣が2ケタ失点して連勝ストップでした。まあ、こんな試合もあります。繰り返しになるものの、打線はそこそこ好調で今夜も5得点ですから、一時の貧打は返上した気もしますが、投手がここまで打ち込まれてはなすすべありません。でも、勝ちパターンのリリーフ陣は温存したのかもしれません。

京セラドームに広島を迎え撃つべく、
がんばれタイガース!
Entry No.5829  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月12日 (日) 16:45:00

第100回記念の甲子園高校野球を楽しむ!

ついつい、何をするともなくテレビで甲子園の高校野球を観戦しています。第3試合の星稜vs済美はものすごい試合でした。今大会2回目のタイブレークも見ものでしたが、史上2人目の逆転サヨナラ満塁ホームランは眼福といえます。
今日の試合を離れれば、私は郷里の平安高校を応援しているんですが、春夏通算100勝達成だとかで大きく報じられていました。また、ついつい我が阪神タイガースに来て活躍してくれそうな高校生も物色していたりするんですが、報徳学園の小園遊撃手の評価が高いようです。ただ、さすがに鳥谷選手は別格としても、北条選手に植田選手と、前田大和選手をFAで出しても、タイガースは内野手は余っているように見えないでもないので、実に地元選手ながら悩ましいところかもしれません。

がんばれタイガース!
Entry No.5828  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月11日 (土) 21:15:00

大量8点の援護を先発小野投手が守って横浜に連勝!!

  RHE
阪  神031004000 8120
横  浜000200100 390


打線の仕掛けが早く序盤に3点を先取し、中盤6回にも4点を中押しし、先発小野投手の力投で横浜に連勝でした。鳥谷選手の先制点の後、梅の捕手のツーランが効きました。6回はまさに中軸打線の乱れ打ちでした。リリーフ陣も小野投手を引き継いで、藤川投手と岩崎投手がしっかり抑えました。

明日はドラ1馬場投手を守り立てて、
がんばれタイガース!
Entry No.5827  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(1)  |  to page top ↑
 | BLOG TOP |  OLDER ≫