FC2ブログ

2018年09月18日 (火) 21:52:00

秋めいて気温が下がって体力と体調が戻る!!

photo


上のグラフは今年元旦1月1日から昨日9月17日までのBMIの推移です。黄色いラインはタイムトレンドで回帰しています。今年7月からの猛暑では、私は確実に体調を落とし、ついでに体重も落ちて、もう還暦を迎えて9月には60歳だから仕方ないと思っていたんですが、ここ数日気温が下がってやや体調が戻りつつあります。体重は昨夜の段階ではBMIできっかり22.0でした。
私は週末の休日にはほぼ土日2日ともプールで泳ぎます。今まで普段2時間で4キロ泳いでいたのが、7月の猛暑のころから3キロほどしか泳げなくなり、もうダメかと思っていたものの、この3連休は3日ともプールに皆勤で、3日とも4キロ余りを泳ぐことが出来ました。もう少し様子を見なければ確かなことはいえないかもしれませんが、まだまだ4キロ泳ぐ体力は残っており、今夏の猛暑で普段から体調が低下していたのが水泳の距離にも影響していたのかもしれません。
元来、私は中学高校のころから陸上も水泳も短距離も長距離もダメで、ではどの距離が得意かというと、要するに中途半端な中距離しか得意ではなかったんですが、中学高校のころは、たぶん私の出身校でしか出来ない大仏殿1周競走というのがたまにあり、体育の先生にいわせれば、1マイルくらいか、ということで、その当時は知らなかったもので調べたら1.6キロくらいの距離なら、私でもそこそこの順位につけることが出来ていました。還暦を迎えた今では水泳でも3キロから5キロくらいを1時間半ないし2時間余りかけて泳いでいます。
還暦を迎えて、もはや、画期的に運動能力が向上することはあり得ませんが、出来るだけの体力と体調の維持管理はしておきたいと思います。
Entry No.5886  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年09月04日 (火) 20:22:00

インテージ調査による今夏の甲子園高校野球のテレビ視聴実態やいかに?

とても旧聞に属する話題ですが、ネット調査大手のインテージから8月24日付けで「甲子園視聴データから見える地元愛 秋田でのテレビ観戦の盛り上がり実態は?」と題して、今夏の甲子園高校野球テレビ視聴実態に関するデータが明らかにされています。

photo


今年の夏の甲子園高校野球の注目は、秋田県の金足農高であった点は衆目の一致するところかと思います。優勝した大阪桐蔭高のOBをかなりたくさん受け入れていながら、藤浪投手をはじめとして、あまりパッとした活躍をしていない阪神を強く応援している私でもそうでしたから、あとは推して知るべしでしょう。ということで、上のグラフはインテージのサイトから都道府県別で大会全試合と決勝戦のそれぞれの接触率を引用しています。圧倒的に秋田県のテレビ接触率が高くなっているのが見て取れます。同時に、大会全試合では秋田県に次いで滋賀県が2番目につけています。近江高がベスト8に残ったのが影響しているのは明らかですが、お隣の京都府出身者として私にはここまで滋賀県民が高校野球に熱心だという実感はありませんでした。最後に、決勝戦に限れば秋田はもちろん、東北各県が熱心にテレビを見ていたようなデータが示されています。当然です。

photo


結果的に、極めて残念にも秋田代表の金足農高は決勝で大阪桐蔭高に敗れたわけですが、上のグラフはインテージのサイトから秋田県における決勝戦のテレビ接触率を時系列で追ったグラフを引用しています。試合開始直後から急激に高まったテレビ接触率が、ジワジワと高まって盛り上がりを見せていたところ、大阪桐蔭高が6-1と金足農高を突き放したあたりをピークに、今度はジワジワと低下を始めます。その後、低下と上昇を細かく繰り返しているのも見て取れますが、やっぱり、試合全体を通しての上昇から低下に転じたピークは、4回のスリーランだったようです。5回の6点よりも先に低下を始めていたのは興味深いところです。
Entry No.5867  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年08月26日 (日) 14:39:03

この週末から猛暑が戻る!

photo


先週までは西日本中心ながら台風ラッシュだったんですが、この週末土日は2日連続の猛暑で暑かったですし、明日の最高気温も大手町の気象庁ではなく我が家の城北地区では35度を超えるようです。上の画像は日本気象協会のサイトから引用しています。
Entry No.5850  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年07月22日 (日) 19:35:00

どこまで続く猛暑なのか?

photo


上の画像は、今週の天気予報です。日本気象協会のサイトから引用しています。タイトルは「今週の天気 記録的な猛暑 底知れぬ暑い夏」だそうです。先週はものすごい猛暑でした。まだまだ続くみたいで、年齢相応に体力の落ちている私なんぞはひとたまりもありません。
Entry No.5797  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年07月16日 (月) 17:38:00

猛暑の3連休を何とか乗り切る!!

photo


猛暑の3連休でした。上の画像は気象協会のサイトから引用していますが、タイトルは「39度超え! 今季1番の危険な暑さ」だったりします。「凍死」という言葉があって、「熱死」とか、「署死」という言葉がないように、私は寒さで死ぬことがあっても、暑さで死ぬことはないだろう、くらいに以前は考えていましたが、考えを改める必要がありそうです。
ゴールデン・ウィークを明けたころから、自転車のペダルを漕ぐとキシキシ音がするようになり、梅雨が明けたらチェーンに油を差そうと考えていましたが、思いっきり早くに梅雨が明けてしまい、結局、予定通りに3連休初日の土曜日になってしまいました。でも、せっかく油を差したのに3日でそれほど自転車には乗ることもなく、プールで泳いだり、涼しい屋内で読書したりして過ごす時間が長かったような気もします。今夜はこれから缶ビールを傾けてナイターをテレビ観戦です。

がんばれタイガース!
Entry No.5787  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年06月29日 (金) 23:42:00

関東甲信が梅雨明けする!

photo


本日、6月29日に関東甲信が梅雨明けしたらしいです。
沖縄と奄美に次いでの梅雨明けで、九州や近畿などをすっ飛ばしての梅雨明けです。6月中の梅雨明けは観測史上初だそうです。上の画像は、日本気象協会のサイトから引用しています。
Entry No.5766  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年06月18日 (月) 19:57:00

大阪の地震やいかに?

photo


今朝8時少し前に大阪府北部を震源とする地震がありました。上の画像は日本気象協会の地震情報のサイトから引用しています。
我が家の下の倅は今春から大阪に下宿していますし、世話を焼いてくれている叔母も大阪にいます。安否を確認したところ、ともに特段の被害や不便はない、とのことで安心しました。
でも、亡くなった方もおられますし、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
Entry No.5749  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年04月06日 (金) 22:00:00

更新停滞のお知らせ

パソコンが故障して入院させる予定です。
しばらく更新は停滞します。
復旧の見込みは立っていません。
Entry No.5714  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年03月18日 (日) 18:28:00

日本気象協会による桜の開花予想やいかに?

日本気象協会から3月14日に第4回の桜の開花予想が明らかにされています。前回第3回の予想からやや桜の開花はやや早まっているようです。まず、日本気象協会のサイトから桜の開花に関する予想を2パラだけ引用すると以下の通りです。

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2018年予想開花日・予想満開日2018年の桜の予想開花日は、九州から東北の広い範囲で前回予想(3月7日発表)より1日~5日早まり、北海道では前回予想とほぼ同じ見込みです。平年と比べると、九州から東北で3日~7日早まるところが多く、北海道では3日ほど早いでしょう。
桜前線は3月16日に高知からスタートし、17日に熊本と高知県宿毛、18日には宮崎、和歌山で開花するでしょう。東京と横浜は20日、大阪では21日に開花の便りが届く見込みです。九州から関東と北陸の一部では、3月末までに開花し、4月上旬には北陸や長野県、東北南部で開花するでしょう。4月中旬以降は東北北部で開花し、4月末には桜前線が津軽海峡を越え、北海道の函館や札幌などで開花する見込みです。


なお、桜が満開になる日は開花のおよそ1週間後となり、予想満開日がもっとも早いのは高知で3月22日、九州から関東では3月末までに満開となるところが多く平年より1週間前後早い見込みだそうです。そのころにはプロ野球の公式戦も開幕しているような気がします。
下の桜前線の画像は日本気象協会のサイトから借用しています。

photo
Entry No.5694  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年03月04日 (日) 17:57:00

暖かい週末に花粉が飛びまくる!

photo


昨日もかなり暖かだったんですが、今日も一段と気温が上がっています。となると、花粉が飛びまくりです。去年まで私は基本的に鼻だけだったんですが、今年はとうとう目もやられ始めています。
ということで、上の画像はウェザーニューズのサイトから引用しているんですが、何と、関東/東海・甲信南部では全国のどこよりも先駆けてスギ花粉のピークが始まっています。とても困るんですが、誰に文句をいうわけにも行きません。私にとっては、じっと耐え忍ぶ季節です。
Entry No.5680  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年02月25日 (日) 14:24:00

日本気象協会による第2回桜開花予想やいかに?

photo


ちょうど2週間前の2月11日に第1回の桜開花予想を取り上げましたが、先週2月21日に日本気象協会から「第2回 桜の開花予想」が明らかにされています。上の画像と以下の解説は日本気象協会のサイトから引用しています。

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2018年予想開花日の傾向
2018年の桜の開花は、九州で平年並みかやや早く、その他の地域では平年並みの予想です。桜前線は、3月20日に熊本と宮崎、高知でスタートします。21日には長崎と鹿児島、続いて23日に福岡、佐賀、24日には東京と大分で開花する見込みです。そして3月末までに四国、中国、近畿、東海、関東の多くの地点で開花するでしょう。桜前線はその後も順調に北上し、4月上旬には北陸や東北南部に達し、4月中旬以降には東北北部や長野県でも開花する見込みです。桜前線が津軽海峡を渡るのは、5月に入ってからとなりそうです。


昨日はかなり暖かだったんですが、今日はまた寒くなっています。この先もこういった寒暖の繰り返しかもしれませんが、春が待ち遠しいです。引用ばかりで悪しからず。
Entry No.5673  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年02月12日 (月) 18:43:00

週末恒例のお天気の話題を昨日に続いてもうひとつで、台風2号発生!

週末はついつい土曜日が読書感想文、日曜日が音楽やお天気の話題、というパターンが多いんですが、3連休ですので、昨日のサクラの開花情報に続いて、今日も無難なお天気の話題で、何と、2月にして早くも台風2号が発生したらしいです。ウェザーニューズのサイトから引用した台風情報の地図画像は以下の通りです。

photo


まったく私なんぞの知らないうちに、南の海上で台風1号が発生していたんでしょうね。上の台風2号の名称は「サンバ」、日本への影響はないそうです。
Entry No.5660  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年02月11日 (日) 15:32:00

暖かい週末にサクラの開花を考える!

photo


やや旧聞に属する話題かもしれませんが、2月7日付けで気象協会から「第1回 桜の開花予想」が明らかにされています。上の画像と以下の解説は日本気象協会のサイトから引用しています。

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2018年予想開花日の傾向
2018年の桜の開花は、九州で平年並みかやや早く、その他全国的に平年並みでしょう。開花が最も早いと予想されるのは宮崎と熊本、高知でいずれも3月21日、次いで長崎と鹿児島は22日、東京や福岡は24日の予想です。3月末までに九州から関東南部にかけて次々と開花し、4月上旬には山陰から北陸、関東北部でも続々と開花の便りが届く見込みです。桜前線は4月中旬以降に東北を北上し、津軽海峡を渡るのは4月末でしょう。
この冬は、全国的に気温が低く経過し、特に1月下旬には数年に一度の非常に強い寒気が流れ込み、西・東日本を中心に記録的な低温となりました。このため、桜の花芽は休眠打破が順調に進んでいると考えられます。この先の気温は、2月中旬まで西日本を中心に平年より低い見込みですが、2月下旬から4月にかけて平年並みとなるため、桜の開花も全国的に平年並みでしょう。


暖かい週末3連休中日にサクラの開花に関する情報でした。
引用ばかりですが、悪しからず。
Entry No.5659  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年02月02日 (金) 21:40:00

インテージによる「2017紅白歌合戦」の視聴実態の調査結果やいかに?

今週月曜日1月29日付けで、ネット調査大手のインテージからテレビ視聴ログデータを用いて、昨年2017年大晦日の「紅白歌合戦」の視聴実態の調査結果が明らかにされています。とても詳細な調査結果で、私は大いに興味をひかれました。いくつか図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはインテージのサイトから、紅白2017 毎分接触率推移 を引用しています。7時15分から放送が始まって、たぶん、私の直感では8時半くらいまでは出演者や場面に関係なく、少しずつ視聴率、というか、接触率が上昇していく時間帯ではないかと思いますので、統計的、あるいは、計量経済学的には上昇トレンドの「単位根」がありそうな気がして、評価の難しいところではないかという気がします。でも、明らかに、郷ひろみの少し前からハーフタイムショーにかけて、そして、何といっても、安室奈美恵の前には大きな上昇が見られます。

photo


ということで、上のグラフはインテージのサイトから、接触率急上昇ランキング を引用しています。算出方法としては、アーティストごとに出演前後の各5分での接触率の上昇率を算出して、ランキングの順位を見ています。やはり、上昇率でみても安室奈美恵がトップとなっており、接触率のレベルだけでなく接触率を上昇させる盛り上がりにおいても存在感が大きかったことがうかがえます。続いて、渡辺直美やブルゾンちえみらが出演したハーフタイムショー、さらに、バブリーダンスで話題となった登美丘高校とコラボした郷ひろみなどが続いています。

その昔には、私と同世代の山口百恵などが紅白に出演していたんですが、最近では、どうしようもなく日本全体の人口動態が高齢化してしまった影響で、紅白でも出場者の年齢がかなり上昇しているような気がします。私は典型的にウッダーソンの法則が当てはまるケースですので、もっと若い女性歌手が見たいです。
Entry No.5650  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月28日 (日) 18:56:00

都心でも雪がとけず34年振りに7日連続で積雪を観測!

photo


東京のお天気や気温などの気象条件は、知ってる人は知っている大手町の気象庁で観測していて、まあ、バリバリの都心といえますが、7日連続の最低気温マイナスの冬日で、日中も気温が上がらず積雪が残り、これまた7日連続の積雪の観測は34年振りだそうです。気象協会のサイトから引用した上の画像の通りです。私は週末には自転車で移動することが多いんですが、路面に雪がいっぱい残っていて危険なために、自転車を下りて押して歩くシーンも昨日今日と多かったです。自転車を走らせていると気温が低いもので、つま先なんぞはスニーカーと靴下を通しても凍えるくらいでした。
先週は今シーズン最強の寒波だったのではないでしょうか。実は、私の所属する研究所では、先週月曜日には、前々からの予定通りに、アノ猛吹雪をついて研究成果を発表したりする経済政策フォーラムを開催し、私もプレゼンをしていたりしたんですが、フォーラム終了後の懇親会は中止になりました。みんなで早く帰ろうということなんだろうと思います。
今週はプロ野球のキャンプも始まり、上の倅と私は野球シーズン開幕を楽しみにしていて、もう少し気温が上がるような天気予報ですが、引き続き寒いことにはかわりありません。大学生の倅はともかく、私はもういい年齢に達して、寒さにはめっきりと弱くなりましたので、健康に気をつけて過ごしたいと思います。
Entry No.5645  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月19日 (金) 21:26:00

本気象協会による「2018年 春の花粉飛散予測 (第3報)」やいかに?

昨夜に続いて、この時期にどうしても気になる花粉症の話題で、日本気象協会から今週火曜日の1月16日付けで「2018年 春の花粉飛散予測 (第3報)」が明らかにされています。まず、日本気象協会のサイトから各地のピーク予測、2018年シーズンの花粉飛散傾向、そして、2018年シーズンの飛散開始時期、と、サイトに置かれている画像を一気につなげて引用すると以下の通りです。

photo


関東や東京に着目すると、花粉飛散の時期も量も例年並みであり、おそらく、2月の建国記念日から本格的な花粉飛散が始まり、大雑把にゴールデンウィークまで、ピークはスギが3月でヒノキが4月、飛散量も例年並み、といったところですが、上の画像のうちの真ん中の3枚目のパネルを見ると、東京・神奈川は真っ赤っかで、昨年比の花粉飛散量は激増するという見込みのようです。それだけ、昨年がラクだったわけで、私の実感とも合致しますが、今年は時期も量も例年並みとはいえ、昨年から比べればツラい花粉の季節を迎えるようです。心して対策を講じたいと思います。
Entry No.5636  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月18日 (木) 21:57:00

マクロミル・ホノテ「花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査」結果やいかに?

今週火曜日の1月16日にマクロミル・ホノテから「花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査」の結果が明らかにされています。そろそろ花粉が飛び始める季節を迎え、重篤な花粉症患者である私は大いに興味あるところです。まず、マクロミルのサイトから調査結果のTOPICSを6点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 全国の花粉症率は40%
  • "都道府県別 花粉症率ランキング"、高い県1位「群馬県」2位「山梨県」3位「滋賀県」、低い県1位「沖縄県」2位「北海道」3位「宮崎県」
  • つらい症状トップ3は「鼻水」40%、「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%
  • 花粉対策に利用されるもの、「マスク」が最多で7割が利用。5位の「ヨーグルト」は3割で食品・飲料商品の中ではトップ
  • 花粉症対策の開始時期は、スギ花粉の飛散開始に比例? "症状が出てから対策"も全エリアで3割
  • スギ花粉対策の平均予算は4,730円。最多の予算帯は「1,000円以上~3,000円未満」で46%


ということで、多岐に渡る調査結果なんですが、私の興味に応じて主として症状と対応策につきグラフとともに簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、グラフは引用しませんが、花粉症患者が多い都道府県は1位「群馬県」51.7%、2位「山梨県」50.0%、3位「滋賀県」49.7%となっており、少ない順では1位「沖縄県」6.9%、2位「北海道」20.9%、3位「宮崎県」22.7%だったようです。なお、ボリュームの大きい東京都については都庁の福祉保健局が「花粉症患者実態調査報告書」を昨年2017年12月に取りまとめており、島しょ地域を除く都民のスギ花粉症推定有病率が48.8%と公表されています。そして、上のグラフは、マクロミルのサイトから引用しており、スギ花粉の飛散シーズンに最もつらい症状上位5位を示しています。私もそうですが、何といっても、目よりも鼻です。鼻水が出始めると止まらないことがあります。

photo


次に、上のグラフは、マクロミルのサイトから引用しており、2018年のスギ花粉症対策で利用するもの上位5位を示しています。マスク、目薬、処方薬、市販薬、ヨーグルトの順となっています。私は基本的に市販薬は用いず、処方薬に限定しているんですが、目薬だけは一般の薬局で売っているのを使っているものの、花粉症の季節だけは処方箋をもらって目薬も処方薬で対応しています。主として2~3月です。なお、6位以降は明らかではないんですが、マクロミルによれば、食品や飲料関連ではヨーグルトが他の商品を引き離しているようです。判る気がします。私も、今月末か来月初めには医者に行って処方箋をもらう予定にしています。
Entry No.5635  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月15日 (月) 21:44:00

1月も半ばを迎えて正月太りはそろそろ解消されたか?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、1月4日付けでウェザーニュースから正月太り全国平均1.6kg増の調査結果が明らかにされています。調査そのものは2014年のお正月に実施されているところで、決して最新ではないんですが、中年にはとても気になるトピックであり、グラフを含めて簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まあ、お正月は食べてばかりで、私なんぞは家でゴロゴロしているだけですので、当然に太りがち、というか、体重の増加が容易に生じがちになります。「太った」と実感した人が52%、「太ってない」が48%となり、全国平均で1.6kgの体重増加の申告があり、年代的には中年で「太った」と実感した人が高い比率を占めているようです。
Entry No.5632  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月13日 (土) 10:14:00

今日から始まるセンター試験、がんばれ受験生!

photo


今日から2日間の予定で、大学入試センター試験が始まります。私は受験したことはありませんが、大学教授をしていた際に、試験監督をした経験はあります。なお、上の合格招き猫の画像はArtBankのサイトから借用しています。
我が家の下の倅も受験しています。大学全入はまだ先の話でしょうから、合格だけを祈念するのは無責任と考えますので、後悔のないように持てる実力のすべてを出し切ることを願っています。

がんばれ受験生!
Entry No.5630  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月10日 (水) 21:49:00

マクロミルによる2018年新成人に関する定点調査結果やいかに?

今年の新成人やいかに。マクロミルによる2018年新成人に関する定点調査結果が昨年2018年12月28日に明らかにされています。まず、調査結果のTOPICSをマクロミルのサイトから7点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 将来の夢がある新成人は、過去最低の54%
  • 「日本の未来は明るい」34%。2014年がピークで2015年からほぼ横ばい
  • 将来就きたい職業、2位の「わからない」が28%で、1位の「会社員」31%に迫る
  • スマホ所有率、「iPhone」が「Android」を大きく引き離し、その差は22%に
  • SNS利用率、1位「LINE」96%、2位「Twitter」80%で、いずれもこの6年で最高。「Instagram」が躍進、51%で「Facebook」の2倍に
  • 社会潮流に対する考え、"AI"は半数弱が不安を抱く、"グローバル化"は半数弱がグローバル人材になりたいが8割が「英語に不安」
  • >活躍を期待する2018年新成人ランキング 1位フィギュア「宇野昌磨」、2位モデル・タレント「藤田ニコル」、3位プロ野球「オコエ瑠偉」


包括的ながら、とても長くてアンケートの要約としてはいかがなものかという気はします。私の方ではトピックとして3つほどに絞りたいと思います。ということで、下のグラフは日本の未来が明るいか、明るくないか、の時系列的な推移を示しています

photo


ということで、上のグラフはマクロミルのサイトから、日本の未来は明るいか暗いか、に関して、最近10年間の時系列の推移を示しています。いわゆるリーマン・ショックの前後から「明るい」との回答は20%付近で低迷していた後、2014年の新成人は何があったのか、「明るい」が大きな比率を占めましたが、その後は今年に至るまで大雑把に⅓が「明るい」、⅔が「暗い」との回答になっているような気がします。グラフは引用しませんが、「将来の夢がある」かどうかについての問いがあり、これは2014年の新成人のような特異値もなく、傾向的に低下しているように私には見えます。まあ、いろいろあるんでしょう。

photo


次に、上のグラフはマクロミルのサイトから、デジタル端末所有率のグラフを引用しています。ここ数年では、パソコンについてはノートもデスクトップも傾向的に低下してきており、今年の新成人については iPhone の所有率がほぼほぼノートパソコンに並びました。また、最初のTOPICSにあった通り、iPhone の所有率が61%まで増加した一方で、Android は36%に減少しており、その差は25%ポイントまで開いています。また、これもグラフは引用しませんが、SNSの利用に関しては、1位がLINEで96%、2位がTwitterで80%となり、いずれもこの6年で最高を記録しています。3位はInstagramが大きく伸びて51%を占め、、4位のFacebookの26%の約2倍となっています。まあ、そうなんでしょうね。

photo


最後に、上のグラフはマクロミルのサイトから、AI(人工知能)化に対する考え/グローバル化に対する考えのグラフを引用しています。AI(人工知能)化の進展については、大雑把に、やや不安の方が強いのかもしれないと私は受け止めています。他方で、グローバル化については英語に不安があるという情けない回答がかなりの比率を占めています。ご本人たちの問題というよりも、日本の教育の問題なんでしょうが、グローバル化は否応なく進みそうな気もしますので、目を背けることなく対応する必要がありそうな気もします。

我が家では、上の倅が昨年の新成人で、下の倅は来年です。今年はそういう意味で、我が家については谷間の新成人のいない年なんですが、マクロミルの定点調査ですので、簡単に取り上げてみました。
Entry No.5627  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月08日 (月) 22:57:00

花粉症は年齢とともに軽くなるのか?

とても旧聞に属する話題なんですが、ロート製薬から昨年2017年12月25日のクリスマスに花粉症に関するアンケート調査結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。私なんぞの聞いたことのない副鼻腔炎なるロート製薬が薬を出している炎症についても聞いていますが、中でも奇っ怪な問いは、「年齢を重ねるにつれて楽になってきたと感じる」に対して一定の割合で yes と回答されている点です。私は還暦を迎える今年まで、年々、花粉症が悪化することはあれ、症状が改善されたと感じたことはありません。専門医のアドバイスとして、「免疫」、「環境」、「食生活」が関係している可能性が指摘されています。私の症状もそのうちに改善されるんでしょうか。間もなく花粉症の季節を迎えて、戦々恐々としている今日このごろです。

photo
Entry No.5625  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月04日 (木) 21:42:00

例年通りご用始めに出勤する!

photo


今日は役所などのご用始めです。例年通り、私も役所に出勤しました。
ご用納めが昨年2017年12月28日でしたから、まあ、カレンダー通りに休んでも6連休です。この年末年始休みは日本人特有のものらしく、私が南米はチリの日本大使館に勤務していたころは、ちょうど平日だったこともあって、月曜日から金曜日まで5日連続で午前と午後に18ホールずつ、キャディーだけ従えて、たった1人でゴルフしたことがありました。何と、ちょうど10ラウンドの合計スコアが1,001で、平均100.1だったものですから、私にはコンスタントに100を切る実力はないものとゴルフを諦めた記憶があります。
定年退官まで残りわずかとなり、今年も1年、国民生活と世界経済のため、がんばって政府のお仕事に邁進します!
Entry No.5621  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2018年01月02日 (火) 17:41:00

映画「シン・ゴジラ」を見る!

photo


お正月2日目は、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。もちろん、封切りは2016年7月と1年半も前ですから、映画館ではなく我が家のテレビで見たわけです。今さらながら、とても感激しました。日本という国の、そして、日本国民の、ついでながら、日本政府の、それぞれのレジリエンスを感じました。
Entry No.5619  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年12月27日 (水) 21:57:00

ようやく年賀状を投函する!

photo


年賀状のデザインです。週末にはプリントアウト出来ていたんですが、ここ数年、宛先は手書きで書いていたところ、今週に入って仕事が忙しい上に少し風邪気味で、なかなかはかどらず、ようやく宛先を書いてポストに投函し終えたところです。ここ何年かは七福神とかの図柄だったんですが、久し振りに干支の犬の画像を使いました。そうです。私は戌年生まれで、2018年は還暦を迎えます。1年余りで役所も定年です。
Entry No.5612  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年12月19日 (火) 20:06:00

プラネット「ホットドリンクに関する意識調査」の結果は我が家に適用可能か?

ものすごく旧聞に属する話題ですが、ちょうど1か月前の11月19日付けで、プラネットから「ホットドリンクに関する意識調査」の結果が明らかにされています。我が家の倅どもは、飲み物に関して独特の嗜好を持っていますので、世間一般と比較する目的で少し詳しく見てみました。

photo


まず、上の図表はプラネットのサイトから、「秋・冬にホットドリンクを飲みますか」についての回答結果を取りまとめたものを引用しています。明らかに、世間一般でも男性の方が女性よりも統計的にホットドリンクを飲まないという傾向は見られます。男性では「よく飲む」が40.1%であるのに対し、女性では63.3%と、23.2%ポイントも差が見られます。我が家でも、少なくとも家では、私と倅ども2人はホットドリンクは飲みません。秋でも冬でも、もっぱら冷たい飲み物に限られています。ウーロン茶か、ミルクか、何かのジュース類です。

photo


次に、上の図表はプラネットのサイトから、「秋・冬にホットドリンクをなぜ飲みないのですか」についての回答結果を取りまとめたものを引用しています。基本的に、私と倅どもの大きな理由は、上の回答の一番目と同じで、こだわりがないからだと思うんですが、私はともかく、倅どもについてはジャカルタという熱帯で子供時代を過ごしたから、ということも考えられます。ですから、さすがに、20歳前後に育った今はそんなこともないですが、ジャカルタから帰国した直後の幼稚園ないし小学校も低学年のころは、お風呂から上がって脱衣場でパジャマを着ることもなく、裸のままでその辺をうろついていたりしました。今でもホットドリンクは飲みませんし、従って、というか、なんというか、我が家にはタワー型の沸騰機能付きの魔法瓶がありません。ホットドリンクを飲みたい時は、いちいちお湯を沸かす必要がある、というわけです。

photo


最後に、上の図表はプラネットのサイトから、「秋・冬によく飲むホットドリンクを教えてください」についての回答結果を取りまとめたものを引用しています。圧倒的にコーヒーがトップとなっています。私もそうです。というか、私の場合は、上のリストにあるうち、コーヒー以外のホットドリンクを、ここ数年、飲んだことがないような気もします。
Entry No.5604  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年12月03日 (日) 18:39:00

今年の新語・流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」!

photo


さる12月1日に今年の新語・流行語大賞の発表があり、「インスタ映え」と「忖度」に大賞が授賞されました。まあ、大方の予想通りではないでしょうか。私は「ポストトゥルース」がいいと思ったんですが、「ポスト真実」ではなく、「フェイクニュース」の方がトップテンに入っています。また、今年、私の職場では、ハンドスピナーがちょっとした人気だったんですが、トップテン入りは逃しました。やっぱり、ハンドスピナーはおもちゃであって、新語・流行語ではなさそうな気がします。
Entry No.5587  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年11月26日 (日) 15:56:00

特に体力の衰えを感じる今シーズンの冬!

photo


上の画像は、昨日の記事ですが、気象協会のサイトから引用しています。見ればそのままで、今週後半から気温が下がり、寒暖差も大きいので体調管理にご注意、ということのようです。
実は、今シーズンはかなり早い時期から気温が下がったので、ひょっとしたら寒い冬かもしれないと考え、3年振りくらいにダウンジャケットを出して着用に及ぼうかと考えていたんですが、周囲をそれとなく見回していたところ、現時点で私の観察する範囲では、中年以降の女性と高齢男性しかまだダウンを着用していないように見受けられます。もっとも、私もすぐに還暦を迎えますので、高齢男性のカテゴリーに入るんではないかと考えています。中年女性のダウンは、例の、ややウェウトを絞ったおばさんダウンです。それにしても、あれほど売れたウルトラライトダウンはどこに行ったのでしょうか。とはいえ、私の持っているダウンジャケットはほとんど一生モノで、40年以上も前の高校生のころに親に買ってもらったモコモコのダウンですから、ウルトラライトダウンのようにカッコよくはありません。
それにつけても還暦を前に、寒さに過剰なまでに反応し、体力の衰えを強く感じます。先日は、上の倅の大学祭に自転車で乗り付けたんですが、おそらく寄り道なしで往復30キロ少々、実際、かなり寄り道はしましたものの、それでも50キロには達していないと思われます。それでも、あそこまでヘトヘトになり、アレルギーのクシャミが悪化したのはショックでした。最近は週末にプールで泳いでも、ワンセット2時間で4キロ泳ぐのがせいぜいで、2~3年前までは2時間ではムリでも、少し2時間をオーバーすれば5キロは泳げていたのですが、最近ではその気力も体力もありません。もちろん、個人差が大きいので私の場合だけかもしれませんが、60歳定年制というのは実に絶妙なタイミングにセットしているものだ、と感心しています。
Entry No.5580  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年11月23日 (木) 23:28:00

世代論について考える!

少し前に、知り合いのエコノミストと米国トランプ政権の通商政策について、取りとめなくおしゃべりをしていた際に、最近の米国大統領はオバマ前大統領を別にすれば、というか、逆にいって、オバマ前大統領は偉大なる例外だったかもしれませんが、クリントン大統領からすべてベビーブーマーである、という事実を知りました。というか、教えてもらって、お手軽にネットで調べると、確かに、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、トランプ現大統領はそろって1946年生まれでした。ただ、オバマ大統領は1961年生まれですから、日本的な終戦直後の「団塊の世代」には入りませんが、米国のベビーブーマーの世代には入ります。ということで、私なりに各種の出展から調べ上げて総合的に勘案した米国の世代の呼び名をリストにすれば以下の通りです。

GenerationsYears
Puritan Generation1588 - 1617
Cavalier Generation1618 - 1648
Glorious Generation1648 - 1673
Enlightenment Generation1674 - 1700
Awakening Generation1701 - 1723
Liberty Generation1742 - 1766
Compromise Generation1767 - 1791
Transcendental Generation1792 - 1821
Gilded Generation1822 - 1842
Progressive Generation1843 - 1859
Missionary Generation1860 - 1882
Lost Generation1883 - 1899
G.I. Generation1900 - 1924
Silent Generation1925 - 1942
Baby Boomers1946 - 1964
Generation X1965 - 1980
Millennial Generation (Generation Y)1981 - 2000
Generation Z2001 - 2010


我が国ではここまで明確に定義されている世代論はなさそうな気もしますが、少なくとも終戦直後の数年間に生まれたベビーブーマーは「団塊の世代」とされていますし、我が家の倅どものような1990年代生まれの草食男子を中心に「さとり世代」という言葉もあります。また、「さとり世代」にかなり重なって、ゆとり教育を受けた世代という意味も込めて「ゆとり世代」というのも聞いたことがあります。他にもあるのかもしれませんが、私はよく知りません。逆に、日本における議論の場合、その時その時における中年、とか、50代男性、とかの年代論で議論を済ませているような気もします。
例えば、昨夜に続いてニッセイ基礎研のリポートを取り上げると、とってもタイトルがよかった「太りゆく男性とやせゆく女性」と題するリポートなんですが、11月11日付けの結婚記念日のブログにチラリと書いたごとく、そもそも我が家ではやせゆくのと太りゆくのの性別が反対だ、といった個別事情は別にして、リポートの最後の方に飲酒について「若者と中年男性の『アルコール離れ』、高齢男性と中高年女性では増加」とのセクションがあって、どうも、直観的ながら世代論・年代論に一部誤解を生じている可能性があるんではないかという気がします。というのは、中年男性のアルコール離れについては、アルコールを離れた人々、というか、それほど飲酒習慣のない人々が中年に達した、また、高齢男性については中年あるいはその前から飲酒していた人々が高齢に達した、ということなのではないかという気がします。すなわち、中年や高齢に達して、いきなり飲酒を始めた、止めたというライフサイクル上の変化ではないように感じます。ひょっとすれば、マクロのクロスセクションデータとパネルデータを混同している恐れはないでしょうか。
ということで、年代別に男性の喫煙率について、実にご都合主義的で適当な数値例を考えると、ある年に実施された1度目の調査で40歳代男性の喫煙率が20%で、50歳代が30%だと仮定して、その10年後に2度目の調査で50歳代の喫煙率が25%だとしたら、単純に10年間で50歳代男性の喫煙率が▲5%ポイント低下した、と結論できるかどうかは疑問です。1度目の調査の40歳代男性は喫煙率20%でしたが、10年後の2度目の調査では50歳代の年齢に達しており、その喫煙率が25%だというのは、喫煙者と非喫煙者で大きく死亡率が異なるとか、移民が大量に入ってきたとか、といった特殊なケースを別にすれば、1度目の調査の40歳代男性の20%から2度目の調査の50歳代男性の25%に喫煙率が上昇しているのではないでしょうか。キーワードを上げると、コーホートとして追えば、そういう結論になりそうな気がします。ですから、1度目の調査と2度目の調査の、一見すると同じ50歳代男性を単純に比較して、健康意識の高まりから喫煙率が▲5%ポイント低下した、という結論を出すと間違いのように私は考えますが、いかがでしょうか。もちろん、ニッセイ基礎研はキチンとしたシンクタンクで、データの扱いは私なんぞよりも正確でしょうから、私のリポートの読み方が浅くておかしいような気もしますが、少し違和感がある表現だった気がします。

最後の最後に、どうでもいいことながら、最近、鏡を見ていると私の面立ちが亡くなった父親にそっくりになって来た気がします。若いころから声はそっくりで、どちらが電話に出ているのか区別がつかない、とは聞き及んでいましたが、顔までそっくりになってしまいました。遺伝子、というか、DNAの影響力を思い知らされました。我が家の倅どもも、還暦を迎えるころには私と同じような顔になるんでしょうか。そうだとすれば、ややかわいそうな気がします。
Entry No.5577  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年11月17日 (金) 23:01:00

勝手にランキングの年賀状に関する調査結果やいかに?

例年通り、2週間ほど前の11月1日から年賀状が発売され始めています。私は減少傾向が大きいとはいえ、毎年年賀状は出していますが、11月14日付けで勝手にランキングから年賀状に関する調査結果が明らかにされています。週末前の軽い話題として簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


上のグラフは、年賀状を出す頻度について問うた結果について、勝手にランキングのサイトから引用しています。常識的に、毎年出しているが75.8%に上っています。私も毎年出しています。ただ、今はネット社会ですので、フラッシュを添付してメールで出したりするサービスが無料で提供されていたりして、一定数は年賀状を出さない人がいるのは理解します。

photo


上のグラフは、年賀状を出す枚数について問うた結果について、勝手にランキングのサイトから引用しています。せいぜい、20-30枚から50枚くらいが限度という気もします。私自身は30枚くらいではなかろうかと思います。その昔は、小さいころの子供達の写真を入れた年賀状を印刷する最低ロットが100枚だったりしたような気もしますが、今では、お手軽に自宅のプリンタで小ロットの印刷が可能になっていたりします。そろそろ、私も12月に入ったら年賀状を買い求めて、正月向けのめでたい画像を探そうと考えています。
Entry No.5571  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年11月12日 (日) 19:27:00

サンテFXネオのワンピースとのコラボ第2弾ゾロモデルを購入する!

6月28日付けのブログでも書きましたが、私の愛用しているサンテFXネオのワンピースとのコラボモデルのうち、6月に発売されたルフィーモデルに続いて、先週からゾロモデルも販売されています。私はルフィーモデルもそれなりに買い込んだんですが、どうせ必要になるからと考え、ゾロモデルもそれなりに買い込みました。
下の画像はサンテFXネオのサイトから引用しています。

photo
Entry No.5566  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年11月01日 (水) 21:44:00

東洋経済オンライン「志願者数が多い大学ランキング」トップ100やいかに?

photo


先週10月27日付けで、東洋経済オンラインに「志願者数が多い大学ランキング」トップ100と題する記事がアップされています。トップ100のうちの1~35位を東洋経済オンラインのサイトから引用すると上の通りです。すべて私立大学となっていて、国立大学では65位に千葉大学がランクインしています。我が母校の京都大学は89位だったりします。来年の受験シーズンには、我が家の下の倅は上の表に上げられた35位までにランクインしている大学をいくつか受験するんではなかろうか、という気がしています。
Entry No.5554  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年10月29日 (日) 16:29:00

2週連続の台風の週末来襲はどんな影響をもたらすか?

photo


先週末の21号に続いて、今週末もまたまた台風22号が関東に接近しています。日本気象協会の日直予報士のサイトから引用した上の画像の通りです。
人にもよるんですが、私の場合、週末の雨のもっとも大きな影響は読書に現れます。すなわち、雨のために自転車で図書館を回れず、読書量が低下する、特に、買い置いた小説などを読む傾向になって、経済書や教養書の読書量が低下する、という結果となります。「風が吹けば、桶屋が儲かる」ではないんですが、「雨が降れば、本が読めない」となるわけです。来週末は3連休ですから、1日くらいは自転車を飛ばせるお天気の日があるものと楽観していますが、お天気だけはどうしようもありません。
Entry No.5551  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年10月25日 (水) 20:27:00

勝手にランキング調査による食欲の秋の気がかりやいかに?

週初めの台風21号の列島縦断を過ぎてより、東京ではようやく穏やかな秋晴れのお天気が続いていますが、秋といえば、タイトルにある食欲の秋以外にも、読書、スポーツ、芸術などなど、いろんなアクティビティが冠せられることがあります。10月21日に勝手にランキングから食欲を中心にさまざまな秋に関する調査結果が明らかにされています。グラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフは勝手にランキングのサイトから引用しており、秋の性格付けについてなんですが、圧倒的に「食欲の秋」となっています。半分近い割合の支持を得ています。私はどちらかといえば「読書の秋」か「スポーツの秋」なんですが、読書は年がら年中やっている気もしますし、特に秋の特徴のひとつではないのかもしれません。「スポーツの秋」は私の父親の説によれば、1964年の東京オリンピック以降ではないか、と主張していたように記憶しています。

photo


「食欲の秋」の圧勝の結果を踏まえて、上のグラフは勝手にランキングのサイトから引用しており、美味しい食べ物のある季節を問うています。当然ながら、というか、何というか、ここでも秋の圧勝です。ちなみに、美味しい食べ物としてあげられたのは、「サンマ」、「ウナギ」、「鮭」をはじめ、「栗」、「松茸」、「りんご」など、さまざまな食材が上げられたそうです。

ただし、というか、何というか、美味しい食べ物のある食欲の秋の当然の帰結として、体重増加のおそれがあります。グラフは省略しますが、秋は太りやすいかどうかを問うた結果として、「感じる」17.0%に「どちらかと言えば感じる」35.1%を加えると過半数を超えた割合で秋には太りやすいと感じているようです。このあたりは要注意かもしれません。
Entry No.5547  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年10月22日 (日) 16:07:00

明日ははたして出勤できるか?

photo


台風21号が関東に迫っています。明日23日の未明から明け方に強い勢力で東海地方へ上陸するおそれが強く、関東地方の通勤通学時は大荒れで、交通の足が乱れるおそれが大きいと報じられています。私はこんな日に限って、午前と午後にていねいにも2つも会議が入っていたりします。定年まで1年余りで、そうでなくても若いころから勤務評価は気にもせず、従って、まったく出世できなかったんですが、同僚に迷惑をかけることにもなりかねませんから、明日は出勤したいと予定しています。なお、上の画像はいずれも日本気象協会の日直予報士のサイトから引用しています。
Entry No.5544  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年09月10日 (日) 14:39:00

日本気象協会による紅葉の見ごろ予想やいかに?

photo


やや旧聞に属する話題ですが、先週9月6日に日本気象協会から第1回の紅葉の見ごろ予想が明らかにされています。日本気象協会のサイトから引用した上の画像の通りであり、東京周辺は平年並みの11月下旬といったところでしょうか。
ここ数年、残暑が厳しくて、夏からすぐに冬になってしまい、秋がとても短い気がしていたんですが、今年に限っては、8月がまるで梅雨のように雨が多くて日照時間が少なかった一方で、9月に入るとともに残暑もなく秋らしい気候になった気がします。予報でも暑さがぶり返すことはないように聞き及んでいます。今年もクールビズのノーネクタイは9月いっぱいですし、秋の夜長を楽しんで読書する季節になりつつあるようです。
Entry No.5491  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年09月04日 (月) 22:55:00

インテージによる「全国ふるさと名物5000産品 1万人の知名度調査」の結果やいかに?

8月も終わって夏休みの季節も過ぎ、我が家には大学受験生がいるので、特に夏休みで出かけることもありませんでしたが、オフィスではいくつか郷土土産が楽しめたりしました。ということで、やや旧聞に属する話題ながら、インテージから8月9日付けで「全国ふるさと名物5000産品 1万人の知名度調査」の結果が明らかにされています。下のテーブルの通りです。

photo


テーブルを見れば明らかなんですが、全国知名度ランキングは、1位が「白い恋人」、2位「生八ツ橋」、3位「ちんすこう」となっており、4位「八ツ橋」を含めて3年連続で同じ順位であり、圧倒的に認知されているようです。私が大学に出向した長崎のカステラなんぞも全国的に知名度が高そうな気がするんですが、トップテンには入っていません。なお、やや変わったことろで、地元の県内における知名度と全国知名度のギャップに関しても調査が実施されており、秋田県「金萬」が2年連続でもっともギャップが大きいという結果になっています。県内知名度91.0%に対して、全国8.1%ですから、知名度ギャップが82.9%ポイントに達しています。それから、2位は福井県「越のルビー」でギャップは81.9%ポイント、3位の徳島県「金長まんじゅう」も81.3%ポイントのギャップがあり、80%ポイントのギャップがあるのはこの3産品だけだったりします。京都出身の私もこの3つは知りませんでした。そのほか、男性の間ではお酒の知名度が高く、女性ではスイーツの知名度が高い、との、いかにもありそうな結果なども示されています。
Entry No.5484  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月28日 (月) 22:53:00

@nifty何でも調査団によるスナック菓子ランキングやいかに?

先週金曜日の8月25日付けで、@nifty何でも調査団からスナック菓子ランキングが明らかにされています。同じような調査は何種類もあるのかもしれませんが、とても興味あるところ、以下の通りです。

1位
ポテトチップス (カルビー) 88.2%
2位
かっぱえびせん (カルビー) 84.4%
3位
カール (明治) 71.8%
4位
キャラメルコーン (東ハト) 68.3%
5位
ポテトチップス (湖池屋) 67.4%
6位
じゃがりこ (カルビー) 67.2%
7位
とんがりコーン (ハウス食品) 65.9%
8位
サッポロポテト (カルビー) 62.9%
9位
ベビースターラーメン (おやつカンパニー) 56.1%
10位
カラムーチョ (湖池屋) 46.8%


眠気覚ましも含めてガムを別にすれば、私はオヤツはチョコレートか、この季節はアイスクリーム一筋で、こういったスナック菓子は食べないんですが、職場で周囲を見回していると、何となく判る気もします。
Entry No.5473  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月15日 (火) 19:14:00

ホントに梅雨は明けたのか?

今週に入っても、雨がちのお天気が続くようで、ホントに梅雨は明けたのか疑問に感じないでもありません。昨日は出勤したんですが、かなり電車は空いていました。今週は夏休みを取るサラリーマンも多そうな気がしますが、お天気が冴えません。
下の画像は日本気象協会のサイト「関東まだ続く曇雨天 晴天と暑さ戻る?」から引用しています。

photo


1993年夏のバブル経済崩壊後、日本経済が底割れした年の夏の雨っぽい天候になぞらえる向きもあるようなんですが、誠に残念ながら、私は1993年の夏は在チリ大使館で海外勤務の優雅な生活でしたので、その時の日本の天候はまったく不案内です。
Entry No.5455  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月11日 (金) 13:39:00

ウェザーニューズによる台風5号の進路予想の検証やいかに?

photo


台風5号は、迷走や停滞を繰り返した後、紀伊半島に上陸し北陸から日本海に抜けましたが、ウェザーニューズから台風5号の進路予想に関する検証結果が8月9日付けで明らかにされています。世界13機関の進路予想がバラバラに終わり、進路予想が難しいという意味で、めずらしい台風だったようです。私は専門外なんですが、上の画像の通りです。上の画像のうちでも、左側の上陸に際した進路については、結局、一番西側、というか、北側の進路がもっとも近かったと見えます。ウェザーニュースの見方では、英国の機関が一番精度がよかった、と結論されています。
Entry No.5450  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月03日 (木) 19:29:00

インテージ調査による夏の食卓東西ランキングやいかに?

今年は猛暑といわれつつ、実は、まだ梅雨が続いているようなお天気の日もあり、なかなかお天気が安定しない印象なんですが、今年は夏土用が2日あるらしいとウワサに聞きつつ、私はまだうなぎは食べていません。ということで、調査大手のインテージから一昨日8月1日付けで、夏の食卓東西ランキングが明らかにされています。下の画像の通りです。

photo


トップの冷奴と2位のそうめん・冷麦は東西で共通です。ただし、冷やし中華や枝豆などのゆで豆は東西で食卓登場率がかなり異なっています。京都出身の私から見て、食文化については、圧倒的に関西の方が首都圏よりも洗練されている気がするんですが、そうではないと考える人も少なくんさそうな気もしますし、夏に限らず、季節ごとに地域や地方により郷土色が満点なのだろうと受け止めています。でも、夏は冷たいのがごちそうなのかもしれません。インテージのサイトには、他にもいろいろと情報が満載です。
Entry No.5437  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年07月17日 (月) 17:42:00

マクロミル・ホノテによる「働く大人の夏休み事情」やいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、マクロミル・ホノテから7月4日付けで「働く大人の夏休み事情 (2017年版)」と題してアンケート調査結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトからTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 会社員の夏休み、理想は平均9.5日間、現実は平均5.7日間
  • 夏休みの予定、「お出かけ・旅行」が61%で最多、次いで「家でゆっくり過ごす」45%、「帰省」35%
  • お出かけや旅行で重視するポイント、1位「予算」66%、2位「グルメ」52%、3位「のんびりできる」48%。Instagramユーザーは、「良い景色・絶景」もポイントに!
  • 家での過ごし方は、多い順に、「睡眠」63%→「TV」59%→「読書」35%→「ネット」30%


ということで、エコノミストにとっても、それなりに興味ある話題ですので、図表を引用しつつ簡単に見ておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 夏休み取得予定日数(最大連休)と、理想の夏休み期間 を引用しています。夏休みを取得する予定はないとする回答者が20%に上るものの、理想としては65%が「1週間以上」と回答し、平均は9.5日間であったのに対して、実際にとれる休みの平均は6.2日間だったそうです。理想と現実の間にはこれくらいの差があるのかもしれません。

photo


グラフの引用は省略しますが、その夏休みの予定について、最多は「お出かけ・旅行」で61%。次いで「家でゆっくり過ごす」45%、「帰省」35%ということになっています。我が家の場合、下の倅がもう1年大学受験生をしていますので、上の倅の単独行を別にすれば、受験生を放り出して親が勝手に出かけるのもはばかられ、家にいることになりますので、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 夏休みの家での過ごし方 (上位5位) を引用しています。まあ、こんなカンジなんでしょうね。私は自転車で行ける範囲の近場、例えば、プールや図書館などには出かけたいと考えています。

最後に、ディムスドライブでも同じように「夏休みの計画」に関するアンケートが実施され、結果が明らかにされています。ほかにもいっぱいありそうな気がしますが、取りあえず、ご参考まで。
Entry No.5411  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年06月28日 (水) 19:42:00

サンテFXネオのワンピースとのコラボ製品を買い求める!

目薬の話題です。サンテFXシリーズにワンピースとのコラボ製品が発売されています。
私は花粉症であるとともに、ほぼ通年性のアレルギーに悩まされており、マスクとともに目薬は手放せません。いくつかの目薬を適当に気の向くまま使い回しているんですが、実は、サンテFXネオもそのひとつです。6月20日に発売開始されたらしいんですが、私も先週末から今週にかけていくつか買い求めました。コラボでない通常のモデルと同価格で売っているところもあれば、コラボ製品には50%を超えるプレミアムを乗せているドラッグストアもありました。我が家の近くで展開している地場のドラッグストアなんですが、さすがに50%超のプレミアムは、ちょっと、やり過ぎと感じてしまいました。同価格で売っているところだけで私は買い求めています。
なお、過去に私が買い求めたサンテFXネオのコラボ製品は、その昔のエヴァンゲリヲンとのコラボ、ももクロとのコラボ、進撃の巨人とのコラボがあり、それら以外にもあったのかもしれませんが、よく把握していません。なお、秋にはワンピースとのコラボ製品第2弾が売り出されるようです。コラボ第2弾が出るのはエヴァンゲリヲン以来ではないでしょうか?
下の画像はサンテFXのサイトから引用しています。

photo
Entry No.5384  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年06月16日 (金) 22:43:00

「セイコー時間白書2017」に見る時間感覚やいかに?

去る6月10日は、その昔の天智天皇に由来するともいわれる時の記念日で、その前日の6月9日に、「セイコー時間白書2017」と題して、生活者の時間について意識や実態を探る調査結果が明らかにされています。まず、リポートから主な調査結果を引用すると以下の通りです。

主な調査結果
  • 時間の価値
    • 最も時間に追われているのは「社会人」ではなく「学生」
    • 1時間の価値オンタイムは3,669円、オフタイムは6,298円
    • 最も大切にしている時間は「金曜日の22時」次いで「月曜日の5時」、「月曜日の6時」の朝時間
  • 時間と気持ち
    • 「ひとりの時間」を大切にしているけど「誰かといる時間」も増やしたい
    • 会えない時間の気持ちをつなぐデジタルコミュニケーション


これだけを見れば、何が何やら理解不能な向きもありそうな気もしますし、こういったアンケート調査結果の取りまとめが少し下手な気もしますが、私の興味ある範囲に限って、いくつか図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo



まず、上のグラフはリポートから 時間に追われていると感じますか? との問いに対する回答を引用しています。この結果から、社会人よりも学生の方が時間に追われている、との結論が引き出されています。私もやや意外でしたが、我が家で実際に感じる限り、浪人生の下の倅を別にすれば、確かに、大学生の上の倅よりも私の方に時間的な余裕がありそうな気がします。ただ、私は間もなく定年退職で、それなりに結構な身分の国家公務員ですから、そうなのかもしれません。でも、マクロでこういった結果が出ている理由もあるんだろうと想像しています。

photo


次に、上のグラフはリポートから 自分の1時間の価格 との問いに対する回答を引用しています。私の実感と合致して、オンタイムよりもオフタイムの方により大きな価値を認め、女性よりも男性が、また、若い世代ほど高い価値を認めているのは、まったくこの通りだろうという気がします。ただ、30代の時間価値が低いのがやや意外ですが、理由は私には不明です。

photo


最後に、上のグラフはリポートから 最も大切にしている時間帯ヒートマップ を引用しています。週末の金曜日や土曜日の夜の時間帯が大切というのはとてもよく判りますが、月曜日の早朝というのは私にはまったく理解不能です。私は、そこそこ仕事が重要であり、責任ややりがいも感じてきたつもりですが、1週間のうちで仕事を始める直前の時間帯をここまで大切と感じたことはありませんでした。
Entry No.5368  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年04月24日 (月) 21:23:00

マクロミル・ホノテによる2017年ゴールデンウィーク休暇の理想と現実やいかに?

もうすぐ今週末からゴールデンウィークが楽しみですが、4月4日公表とやや旧聞に属する話題ながら、マクロミル・ホノテのサイトで2017年ゴールデンウィーク 理想と現実と題して、連休日数などを調査しています。我が家は受験生がいますので、大っぴらに遊び回ることは出来かねますが、世間さまの動向には着目していますので、グラフをいくつか引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査結果の TOPICS を3点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  1. 2017年ゴールデンウィーク、働く男女の理想は「9連休」が断トツ! でも現実は「5連休」
  2. 気になる他人のお財布事情、ゴールデンウィークの平均予算は、ひとり当たり36,058円、男性は30代、女性は他世代を大きく引き離し20代がそれぞれトップに
  3. ゴールデンウィークの"お出かけ率"は83%、引きこもり派の3大理由、「混雑が苦手」「疲れた身体を休めたい」「金欠」


なかなかよく取りまとめられた印象です。我が家は受験生がいますので、大っぴらに遊び回ることは出来かねますが、世間さまの動向には着目していますので、グラフをいくつか引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの連休日数 を引用しています。見れば明らかで、5連休が過半を占めています。今年のゴールデンウィークは5月1日(月)と2日(火)の2日間を休めば最大で9連休が可能なカレンダーなんですが、実際は5月3日から7日までのカレンダー通りの5連休、という人が多そうな雰囲気です。私もそうかもしれません。

photo


次に、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの理想の連休日数 を引用しています。理想は9連休という人が過半を占めていますが、カレンダー通りの5連休でもいいや、というカンジの人も少なくなく、平均ではその中間の7日、との結果が出ています。まあ、そうなのかもしれません。

photo


最後に、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの消費予想 を引用しています。あくまで予想なんですが、1万円未満と1万円から3万円未満がそれぞれ1/3を占めていて、やや渋い結果となっています。ただ、大胆に使う人がいるようで、平均は3万円を超えています。エコノミストとしては消費がどこまで盛り上がるかは気にかかるところです。

私は年度末と年度は縞が忙しい公務員ですので、今年に入ってから有給休暇はまだ1月に1日取っただけとなっていて、かなり年齢的な体力低下もあって疲労がたまっているような気がしますが、ゴールデンウィークはもうすぐです。何とか今週を乗り切りたいと思います。
Entry No.5294  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年04月16日 (日) 14:27:00

今年のゴールデンウィークのお天気傾向やいかに?

photo


今日はとても気温が上がり、私は半袖でした。でも、街行く人の中にはまだダウンを着用に及んでいる人もいたりしました。季節の変わり目です。
といことで、先週4月10日にウェザーニューズから今年2017年ゴールデンウィークの天気傾向が明らかにされています。上の画像の通り、気温は平年よりやや高めの地域が多く、お天気は周期的な変化を見せるようです。今年は割合とカレンダーがいいので、連続休暇が取りやすそうなんですが、我が家は昨年に続いて受験生がいますので、おおっぴらに遊びに行くことは差し控えようと考えています。
Entry No.5283  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月20日 (月) 18:32:00

世論調査結果「特殊詐欺に関する世論調査」に見る根拠の不明な自信は何を招くか?

ちょうど1週間前の先週月曜日3月13日に内閣府政府広報室から「特殊詐欺に関する世論調査」の結果が公表されています。その昔に、「オレオレ詐欺」などと呼ばれていた詐欺に関する世論調査です。年齢別に見て、やや疑義のある結果でしたので簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


上のグラフは、年齢別に見て、特殊詐欺に対する意識、すなわち、自分が被害にあうかどうかについての問いに対する回答結果の比率です。見れば明らかな通り、「自分は被害にあわないと思う」が年齢が高くなるに従って増加しています。なかなか根拠が疑わしい結果ではないかと思いますが、さらに、被害にあわない根拠を問うと、さらに根拠が薄弱そうに見えます。

photo


ということで、上のグラフは、被害にあわないと思う理由のうち、「だまされない自信があるから(家族の声やうそを見分けられる自信がある)」と回答した比率を年齢別にプロットしています。これまた、年齢が高くなるに従って「だまされない自信がある」とする比率が上昇しています。

どういった根拠で、このような自信がわいてくるのか、私はとても知りたいと思いますが、そう遠くない将来に、私もこういった年齢層の仲間入りをするわけですから、根拠薄弱な自信は慎みたいと自戒しています。
Entry No.5252  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月19日 (日) 14:44:00

ウェザーニューズによる「第2回桜開花予想」やいかに?

photo


とても旧聞に属する話題ですが、3月7日にウェザーニューズから今年2017年の「第2回桜開花予想」が明らかにされています。3月5日にも日本気象協会の開花予想を取り上げたところなんですが、まあ、そこは季節の話題です。
見れば明らかですが、上の2枚の画像のうち、上の方が各地の桜の名所別、下が都市別、となっています。東京ではこの3連休明け、数日ならずして開花が始まるとの予想です。全国で早いところでは、福岡県舞鶴公園や熊本県熊本城、高知県高知公園では3月22日、東京都上野恩賜公園では23日、京都府清水寺では30日、などの見通しとなっています。
Entry No.5251  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月14日 (火) 21:22:00

ディムスドライブによる「マスクに関するアンケート」調査結果やいかに?

とても旧聞に属する話題なんですが、2月28日付けでディムスドライブから「マスクに関するアンケート」調査結果が明らかにされています。この季節に私はマスクが手放せず、街中でもマスク着用者が増えたような気がするんですが、その実態はどうなっているのか興味あるところです。まず、ディムスドライブのサイトから調査結果のポイントを8点引用すると以下の通りです。

「マスク」に関するアンケート
  • 風邪や花粉症などの予防のためにマスクを使用する人 約6割
  • マスク使用季節のメインはやっぱり『冬』と『春』。『夏』も1割
  • マスク素材は『不織布(使い捨てタイプ)』が94.8%
  • マスクは『1日使ったら新しいものに交換』56.2%
  • 『ドラックストア』で購入が8割超。 『スーパー』も2割程度
  • 使用しているマスクの"機能・特徴"は『風邪・インフルエンザ・花粉症』予防など
  • 使用してみたい"機能・特徴"では
    『喉を潤す加湿マスク』『メガネ・サングラスが曇らないマスク』なども
  • 『夏に着けても暑くならないマスク』『保湿効果のあるマスク』など…こんなマスクがあったらいいな


ややポイントが多すぎて、長くなってしまいました。最後の2点はどうでもいいような気もしますが、一応、並びで取り上げておきました。いくつか図表を引用しつつ簡単に取りまとめておきます。

photo


まず、上の図表はディムスドライブのサイトから 予防の為にマスクをするか の質問に対する回答結果です。老若男女合せて60%近い人が予防のためにマスクをすると答えています。まあ、そうかもしれません。こういった調査の取りまとめで、「よくする」+「たまにする」で合計してしまっていますが、それなら、「する」と「しない」2分割で回答させた方が、回答者の負担が少ないんではなかろうか、と私は思わずにいられません。どうせ、大した集計はしないんでしょうから、回答者の負担軽減もそれなりに重要です。

photo


次に、上の図表はディムスドライブのサイトから マスクを使用する季節 に関する質問の回答結果です。冬と春に多いんですが、やっぱり、花粉症の季節と気温の低い季節の合わせ技なんだろうと思います。私にとっても、マスクは半分くらいは防寒具なのかもしれません。

photo


最後に、上の図表はディムスドライブのサイトから マスク購入場所 に関する問いに対する回答結果です。やっぱり、ドラッグストアが多くなっています。私も使っているマスクがそもそも有名ドラッグストアのブランドですので、そこにしか売っておらず、ドラッグストアで買っています。

ちょうど1か月前の2月14日にも、@nifty 何でも調査団による「マスクについてのアンケート・ランキング」を取り上げたところなんですが、マスクについてはいろいろと気にかかるところがあり、似たようなアンケート調査結果を失礼しました。
Entry No.5244  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月05日 (日) 17:28:00

第2回目の日本気象協会桜予想やいかに?

photo


先週3月1日に日本気象協会から第2回目の桜予想が明らかにされています。上の桜前線地図を見れば理解できるように、都心がトップを切る可能性もあるようです。すなわち、3月の気温は全国的に平年並みかやや高い予想で、桜のつぼみは順調に生長する見込みとなっており、3月22日には全国のトップを切って東京都心(千代田区)をはじめ、福岡市や宇和島市、その後、月末にかけて西日本や東海地方・関東地方の大部分の地点で開花する見込みで、開花から1週間から10日ほどで満開を迎える予想、だそうです。とても楽しみです。
Entry No.5230  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月26日 (日) 18:48:00

マルハニチロ「ラーメンとチャーハンに関する消費者実態調査2017」に見る居住地別好きなラーメンやいかに?

photo


とても旧聞に属する話題かもしれませんが、2月8日付けで、マルハニチロから「ラーメンとチャーハンに関する消費者実態調査2017」が明らかにされています。私はラーメンもチャーハンもここ数年は食べておらず、特に興味もないんですが、中にひとつだけ興味ある画像がありましたので、引用しておきたいと思います。それは、p.7/16 の【図3】居住地別好きなラーメンです。以下の通りです。私は関西出身で現在は東京住まいですが、味の嗜好については関西人のままです。ラーメンの地域別の嗜好についても、何となく判る気がします。休日らしい話題で軽く終わっておきたいと思います。
Entry No.5223  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑
 | BLOG TOP |  OLDER ≫