FC2ブログ

2020年06月14日 (日) 15:30:00

血液型O型は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)にかかりにくいのか?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、米国の遺伝子解析会社、ないし、検査キット販売会社から6月8日付けで "23andMe finds evidence that blood type plays a role in COVID-19" と題するリポートが明らかにされています。要するに、血液型O型は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)にかかりにくい、という解析結果が示されています。我が国でも、いくつかのメディアで取り上げられましたが、私が見たのは以下の時事通信と日経新聞です。我が国メディアはやや慎重な取り扱いのようです。


まず、その23andMeのサイトから75万人を対象に実施した調査結果のポイント6点を引用すると以下の通りです。

a first blush look
  • The preliminary data suggest that O blood type appears to be protective against the virus when compared to all other blood types.
  • Individuals with O blood type are between 9-18% percent less likely than individuals with other blood types to have tested positive for COVID-19, according to the data.
  • There appeared to be little differences in susceptibility among the other blood types.
  • These findings hold when adjusted for age, sex, body mass index, ethnicity, and co-morbidities.
  • Although one study found the blood group O only to be protective across rhesus positive blood types, differences in rhesus factor (blood type + or -) were not significant in 23andMe data. Nor was this a factor in susceptibility or severity in cases.
  • Among those exposed to the virus - healthcare and other front line workers - 23andMe found that blood type O is similarly protective, but the proportion of cases within strata is higher.


すなわち、やや順序を入れ替えて、専門外の私にも判りやすくすると、血液型O型の人、実は、我が家では私と上の倅がそうですが、O型は他の血液型に比較してウィルスに対して"protective"であり、COVID-19への罹患率は9-18%低くなっている一方で、他の血液型には差は見られない、と結論しています。そして、この結果は、年齢、性別、BMIで計測した肥満度、民族、他の併存症を考慮しても成り立つ、ということのようです。私はまったくの専門外で、この結果を評価することはできませんが、薬学ではいわゆる「作用機序」というものを重視し、薬がどのように効くのかという因果関係の順序を解明しようとするのに対して、医学では因果関係よりも大量の観察に基づく相関関係に頼る場合が多いような気がします。実は経済学もそうだったりするんですが、科学的な見地からはバックグラウンドとなるモデルが無視されている気もします。でも、開発が急がれているCOVID-19のワクチンないし特効薬に関する貴重な情報かもしれません。というのは、"with corona" という表現を目にするようになりましたが、私はコロナウィルスと共存するなどはあり得ないと考えています。人類が現時点で撲滅した伝染病は天然痘だけですので、COVID-19が完全に地上から消え去ることはないと思いますが、他の伝染病、例えば、赤痢とか、チフスとか、コレラとかは、天然痘のように撲滅されないまでも、通常の日常生活や経済活動には大きな支障を及ぼさない段階まで抑え込まれています。かつては日本の国民病だった結核もそうです。COVID-19についても、これらのレベルまで抑え込むことが必要であり、日本の厚生労働省が提唱するような「新しい生活様式」による"with corona"は、少なくとも、現時点では長い将来に渡る選択肢ではない、というか、少なくとも有力な選択肢にすべきではない、と感じています。
最後に、その23andMeのサイトからグラフを引用すると以下の通りです。

photo
Entry No.6629  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年05月31日 (日) 11:00:00

いよいよ九州南部が梅雨入りし近畿地方の梅雨入りも近づく!!!

photo


昨日の5月30日に、九州南部が梅雨入りしました。昨年より1日早く、ほぼ平年と同時期の時期だそうです。いよいよ、近畿地方の梅雨入りも近づいてきました。昨年は異例の年で、関西よりも関東の方が早くに梅雨入りしてしまいましたが、例年であれば、九州南部の梅雨入りからほぼ1週間後に近畿や関東も梅雨入りします。なお、上の画像は昨日のウェザーニュースのサイトから引用しています。
気象庁の1か月予報は毎週木曜日の午後に更新されるんですが、5月28日に明らかにされた最新予報では、この先1か月の平均気温は関東以南で平年より高くて、近畿以西は降水量も多いとの結果が示されていました。気温が高くて降水量が多いということは、要するに、蒸し暑い、ということなのでしょう。その先は本格的な夏になります。大学教員にはそれなりの夏休みがあるとはいえ、すでに還暦を超えた年齢的な条件もありますし、久し振りの京都の夏を耐えるべくがんばりたいと思います。
Entry No.6615  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年05月10日 (日) 15:00:00

昨日5月の第2土曜日は「盆栽の日」World Bonsai Day!!!

昨日、5月9日、すなわち、5月の第2土曜日は「盆栽の日」World Bonsai Day だそうです。専門外ながら、あくまで一般教養として時折見ている National Geographic のサイトに5月号からの記事として、See the tiny tools required for the ancient art of bonsai が掲載されています。タイトルからほのかに想像される通り、盆栽そのものよりも、盆栽に使う道具類に着目した記事です。
今年は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大防止のために、国内外ともにイベントなどは中止や延期されているようでしたが、国内webサイトではほとんど注目されていない一方で、なぜか、米国の首都ワシントンDCに本部を置く National Bonsai Foundation なる団体が、World Bonsai Day に関する記事を掲載して、"a global celebration of the art of bonsai" として紹介していたりしました。不勉強にして私はまったく知りませんでしたが、とても国際的な盆栽のイベントのようです。
Entry No.6594  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年05月07日 (木) 16:00:00

厚生労働省ご推奨の「新しい生活様式の実践例」やいかに?

photo


本日からゴールデンウィークが明けて、大学でもオンライン授業が始まりましたが、5月4日に開催された新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえて、厚生労働省のサイトに「新しい生活様式」の実践例が上の画像の通り公表されています。何で見たのかすっかり忘れたんですが、どこかの誰かがいっていたように、「新しい生活様式」とは自粛を言い換えただけではないのか、という気がしないでもありません。ただ、マスクについては位置づけは変わらないながら、明確に、「感染防止の3つの基本」に入っています。位置づけが変わらない、というのは、自分が保菌者であったとしても周囲の人に感染させるリスクを軽減するためにマスクをする、という点です。私自身は授業も会議もオンラインで実施していて基本的に在宅勤務ながら、この先の非常事態宣言解除も見据えつつ、もしも大学に通勤するとすれば県境をまたいで、現在の特定警戒都道府県からそうでない県へ移動することになりますので、特に、「周囲の人に感染させるリスクを軽減する」という点は肝に銘じたいと思います。
Entry No.6591  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年05月03日 (日) 22:00:00

我が家と大学周辺の自転車事情を考える!!!

今から思えば、はるか昔のような気がする緊急事態宣言前の4月3日付けのブログで、京都に引越してから Calamita Ciao のクロスバイクを買った旨を紹介していますが、さすがに季節なりに天気もよくなって気温も上がるようになったゴールデンウィークに入って、ボチボチ乗りこなし始めています。引越し前の東京と引越し後の京都や関西を比べるのは、私自身はかなり慎重にならざるを得ないと考えていて、すなわち、東京と京都・関西を比べているのではなく、むしろ、非常事態宣言前後を比較することになってしまいかねません。でもまあ、自転車に関しては非常事態宣言前後でなにか特段の事情の変化があったとも思われませんので、許容範囲かと考えている次第です。
まず、東京でも同じことなんですが、「原則、自転車は車道」というのはまったく無視されています。我が家や大学の周辺で特徴的なのは、ママチャリではなく、かなりカッコいいスポーツバイクも歩道を走っていることです。これは東京では少数派だったような気がします。京都への引越し後に再開した4月3日付けのブログで紹介した黄色いクロスバイクに乗って、北向きに走っていると逆走してくるロードバイクがありました。近づくと、決して逆走ではなく、かなり高齢のおじいさんが歩道をコチラ向きに走っているのでした。立派なロードバイクにまたがって、もちろん、上はヘルメットからサングラス、ボディコンシャスなウェアにグローブ、シューズまで決めに決めまくった格好ながら、歩道を走ってママチャリに追い抜かれそうなスピードでゆったりと走っていたりします。形から入っているというか、志の高さは素晴らしいんですが、ロードバイクとは違う選択肢はなかったのか、という気がしました。もう1人、我が家の近くで歩道を走っているロードバイクを見かけましたが、これはかなり若いライダーでした。大学の近くでも、私の乗っているクロスバイクよりもかなりお値段の高そうなクロスバイクが歩道を走っています。でももちろん、国道1号線を京都から名古屋にそこらへんの自動車に十分対抗できるスピードで走っているロードバイクも少なくありません。
自転車が歩道を走っているひとつの理由は、道路に自転車ナビマークがないことです。東京では至るところにありましたが、京都で自転車に乗り始めて1か月ほどしか経過しておらず、それほどの走行距離もないとはいえ、私は自転車ナビマークを見たことがありません。国道、府道、市道と走ったハズなんですが、まったく自転車ナビマークは見かけません。というか、正確にいうと、その昔に、我が母校の京大周辺で見たことはあります。東京の警視庁の自転車ナビマークと違うので、少し驚いた記憶があります。でも、ここ1か月で自転車に乗っている時に自転車ナビマークはまったく見ていません。加えて、東京なら警察や地域の交通安全協会などから、「原則、自転車は車道」という旗指し物のたぐいをいっぱい見かけるんですが、我が家や大学の近くでは見たことがありません。おそらく、私の想像ながら、多くの人が、特に、自転車に乗っているひとは「原則、自転車は歩道」と考えていて、「原則、自転車は車道」と聞いたら、とてもびっくりするんではないかという気がします。
最後に、自転車保険についてです。私はそれなりに自転車に乗りますので、東京では今年2020年4月から自転車保険への加入が義務付けられるということは知っていました。でも、4月になる前に京都に引越すわけですから、まあ、無視していたわけで、この新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の問題で、まったく関心が払われていないんでしょうが、どちらにせよ、東京で今年からなんですから京都なら2~3年遅れだろうと勝手に想像していたんですが、何と、京都は東京に先立って自転車保険加入義務付けが行われていることを知りました。でも、私が自転車を買ったお店では、そんなことはまったく知らされませんでしたし、街中を走っている自転車がどこまで保険加入しているかは、とても疑問です。実は、役所の同僚だった知り合いとzoomを使ってオンラインでおしゃべりしたんですが、さすがに、東大自転車部OBだけあって自転車に関するリテラシーはとても高く、保険にも家族全員で加入したといっていました。

いずれにせよ、我が家や大学周辺における自転車に関するリテラシーは低い、といういい方が出来るような気もしますが、逆から見れば、それほど気張って自転車に乗るんではなく、気軽な庶民の足になっているというのも事実だろうと思います。それはそれでいいんではないでしょうか。
Entry No.6587  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月26日 (日) 11:00:00

本日4月26日は「よい風呂の日」!

本日4月26日は「よい風呂の日」です。私の知る限り、2012年に封切られて、私も見に行った映画「テルマエ・ロマエ」の製作委員会が勝手に制定したと記憶しています。まあ、軽く想像されるように、単なる語呂合わせが基になっているんでしょうが、私が映画「テルマエ・ロマエ』を見に行ったのも5月の連休明けだったですから、映画封切りの時期にもピッタリだったのかもしれません。この「よい風呂の日」に関して、まず、prtimesのサイトからTMIXの実施したアンケート結果の認知割合「よい風呂の日を知っていましたか?」のグラフを引用すると以下の通りです。まあ、大雑把に、3人に1人が知っているようです。

photo


私は入浴が大好きで、1990年代前半に赴任したチリでは、現地のチリ人の大部分がシャワーだけで済ませている一方で、私は少なくとも週に3~4日はバスタブに湯を張って、ゆったりとお湯に浸かっていたりしました。今でも、いい年した60過ぎのオッサンにもかかわらず、毎日1時間超の入浴時間を費やしていたりします。ということで、ウェザーニュースも「4月26日は『よい風呂の日』。お風呂の3つの健康効果とは?」と題して、入浴が体によい3つの理由を以下の通り上げています。

入浴が体によい3つの理由
  1. 疲れをとることができる
  2. 免疫力を高めることができる
  3. 体の汚れを洗い落とすことができる


私のような専門外のシロートが考える入浴の利点の第1は、上の3点の中の最後の汚れ落としで、続いて最初の疲労回復なんですが、免疫力に関しては想像がつきませんでした。体温が下がると免疫力が下がるそうで、当然に体温を上げる入浴は免疫力を高めるのに効果的だそうです。知りませんでした。ただ、入浴に関する注意点として、入浴前後の水分補給に気をつけるとともに、酔った状態ではお風呂に入らない、また、湯船で居眠りしない、などを心がけるべき、と締めくくっています。内風呂のないご家庭には申し訳ないながら、外出自粛が広まっている中で、充実した入浴タイムを私は楽しみたいと思います。
Entry No.6580  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月19日 (日) 22:00:00

東京から京都に引っ越しても新型コロナウィルス(COVID-19)からは逃れられず!!!

東京から京都に引越してきて、3週間近くが経過しました。先週末の時点では、東京に緊急事態洗顔が出て、京都はまだだったものですから、東京から京都に脱出したと思っていたんですが、京都もやっぱり、というか、日本全国に非常事態宣言が出て、結局、新型コロナウィルス(COVID-19)からは逃れられなかったのかもしれません。でも、東京から京都に引越して3週間近くが経過して発症していないということは、少なくとも、東京から京都にコロナウィルスの感染症を持ち込んだわけではない、ということが証明されたような気もします。まあ、だから何だという気も同時にします。
Entry No.6573  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月12日 (日) 15:00:00

新型コロナウィルスと発達した低気圧を避けて家にこもる!!!

photo


今日は、関西方面では朝から雨になり、特に、紀伊半島などの太平洋岸では1時間に50ミリを超えるような非常に激しい雨の降るおそれが指摘されています。要するに、新型コロナウィルスと低気圧を避けて在宅しています。買い物で外に出たいとは考えていますが、人との接触はほとんどなさそうな気もします。なお、上の画像は、ウェザーニュースのサイトから引用しています。
その昔10年ほど前に長崎にいたころ、本州の西の端の長崎から1日から1日半くらいの遅れで東京のお天気が変わると感じたことがありますが、関西からは半日くらいなのか、という気がしています。
Entry No.6566  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月11日 (土) 22:00:00

プールで泳ぎたし、新型コロナウィルスは怖し、という本日4月11日の雑感!!!

今日の土曜日はほとんど外出しませんでした。
私の新しい住まいのある京都では緊急事態宣言は出ていませんが、まあ、府知事や京都市長は緊急事態に準ずるような事態であることを記者会見で何度も繰り返していますので、そういった方面の専門外である私は権威筋の要請を受け入れているわけです。ただ、3月後半の引越し準備から今にに至るまで、かなりの運動不足を感じていることも確かで、そろそろ、プールで泳ぎたいと考えないでもありません。実際に、やや体重も増えていたりします。
しかし、教員たる私は、まあ、公務員のころもそうだったんですが、社会の模範たるにふさわしくないと自覚しているとはいえ、緊張感ない行動を取ると学生や院生に対して示しがつかない、というのもあります。例えば、もう四半世紀、25以上も昔のお話ですが、私が1990年代のバブル経済崩壊直後に在チリ大使館の経済アタッシェをしていた時、隣国のペルーではフジモリ政権下でセンデロ・ルミノッソという反政府ゲリラが横行し、ペルーには渡航自粛だか、何だかが出ていたりしました。有名なマチュ・ピチュなどの遺跡を見に、私はペルーに行きたくてしょうがなかったんですが、渡航自粛だか、何だかを出している本家本元の外務省の大使館、それも隣国の大使館勤務の書記官が、ノコノコペルーに出かけて何かあれば、まったく示しがつかない、といわれた記憶があります。
学生・院生に新型コロナウィルスに感染しないように、とか、外国人院生などには "Stay healthy!" なんぞと声をかけている教員としては、気をつけたいと思います。しかも、60歳を過ぎた分別盛りで、年齢にしては新任教員だったりしますので、いっそう気をつけたいと思います。でも、今日も、ネットを通じた遠隔授業のためにヘッドセットを買いに行っても売り切れだらけで、どうもなりません。もちろん、花粉症の後期に入ってマスクも欲しいんですが、我が家のような高齢夫婦だけの一家では、まったく入手の手立てすら考えつきません。個人としての立場と教員としての立場と、見苦しくも悩んでいます。
Entry No.6565  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月06日 (月) 23:30:00

明日からブログ再開の予定

諸事情ありまして、明日からブログを再開する予定です。明日は内閣府から公表される景気動向指数を取り上げます。
さて、非常事態宣言の行方やいかに?
Entry No.6560  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月05日 (日) 18:00:00

明日から大学の授業、異例のネット越しの授業が始まる!!!

先週から大学に通い始めましたが、一応、明日から大学での授業が始まります。でも、昨日も書いたように、対面授業はゴールデンウィーク明けまでナシで、教員の方は授業に代替する資料作成に追われています。多分、学生や院生の方もリポートの作成などで忙しくなるような気がします。まだ、授業を何曜日のどのコマでやるか、決まっていない大学院の授業もあったりします。いよいよ、明日から大学教員としての活動が本格化しますので、不安は残しつつも、がんばりたいと思います。

なお、昨日、「京都では外出自粛要請は出ていない」と書いてしまいましたが、私の認識間違いでした。京都府知事と京都市長から週末の外出自粛要請が明らかにされています。お詫びして訂正します。ひょっとしたら、京都産業大学の影響力の大きさを改めて認識し直した人もいるかもしれません。
Entry No.6559  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月04日 (土) 22:00:00

大学の研究室に通い始めた1週間を振り返る!!!

photo


今週月曜日から通い始めた大学の研究室の写真です。まだ、何もなかったりします。やや北西を向いており、日当たりはよくないんですが、洗濯物を干すわけではありませんので関係ありません。むしろ、外の景色が悪くなく、意図的に室内が暗くて外がよく見える写真を選んだんですが、琵琶湖と比叡山が望めます。
私が勤務するのは、関西ではトップクラスの私学と自負している関関同立と呼ばれる大学の一角です。もちろん、経済学部です。しかし、今年はご案内の新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、ゴールデンウィーク明けまで対面授業はなしで、学内サイトに教員から資料や動画をアップしたり、それに対して学生や院生からリポートの提出があったりと、異例の対応となっています。月曜日から大学に通い始め、木曜日午後にようやくパソコンが届いてセットを終えた新任教員としては、学内サイトにアップする資料の作成だけでも、とても重荷となっています。長年大学教員をしている同僚も経験のない事態ということのようですし、ましてや、10年ほど前に長崎大学で教員の経験あるとはいえ、私のような新任教員には何がなんだかよく理解できていなかったりします。
でも、ご近所の京都産業大学ではかなりの感染者が出ましたし、私ももう60歳を超えていますから、ウィルスに感染して重い肺炎になったりしたら生命の危機がありそうな気もしますので、私の住んでいる京都では外出自粛要請は出ていないとはいえ、重々気をつけたいと思います。
Entry No.6558  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年04月03日 (金) 19:30:00

引っ越しを終えて、まずは京都での生活が始まる!!!

先週のうちに引越しを終えて京都の生活に入りました。35年余りを経て生まれ故郷に帰ってまいりました。
新しい職場である私大の研究室には今週月曜日の3月30日から出勤し始めましたが、まずは新しい自転車を買い求め、近場を走っております。東京にいたころは Giant のマウンテンバイクでしたが、京都では Calamita Ciao のクロスバイクを買い求めました。生意気にもホリゾンタルに渡したフレームはクロモリだったりします。黄色いヘルメットをかぶって、黄色いクロスバイクで走っています。

photo
Entry No.6557  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年03月23日 (月) 09:00:00

今週から引越し体制に入りブログはお休み!!!

今週は引越し体制に入ります。
新しい職場の研究室には来週3月30日から出勤し始め、新しい京都の住まいでのインターネット開通はその翌日の3月31日になります。そのころか、あるいは、4月に入ってから再開するまでブログはお休みする予定です。
Entry No.6556  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年03月21日 (土) 19:30:00

明日の日曜日は暖かいが月曜日は寒の戻りで気温が10度ダウン!!!

昨日今日と着々と引越し準備を進めています。
明日まではいいお天気だそうで、明日中には荷造りを終えたいと考えています。

photo


明日中に荷造りを終えたいのは、明日の日曜日まで暖かで、明後日の月曜日から寒くなるから、というのもあります。上の画像は、22日の予想天気図と23日の上空1500m付近の気温をウェザーニュースのサイトから引用しています。もっとも、私が適当に結合させて縮小をかけています。
Entry No.6555  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年03月15日 (日) 18:30:00

健康を守るためのマスクと本末転倒に関する本日の雑感!!!

数日前に、Yahoo! ニュースで見たんですが、どこかのドンキホーテでのマスクの売り方が話題になっていました。箱ではなく袋に7枚入ったマスクで「お一人様1点目までの価格は298円(税別)、2点目から9999円(税別)」の価格をつけているそうです。画像もありました。ツイッターでは賛否両論が見受けられるそうです。もっとも、大量のコメントが付けられるツイッターでは賛否両論なく、すべてが賛否のどちらかになる、なんてケースは考えられません。
ということで、実は、我が家の近くのドラッグストアでも、今日になって私も発見しましたが、マスクを売っていたと思しき痕跡が見られました。マスクの価格札の残った空っぽのワゴンや棚とか、入り口に開店前に並ぶ列を指定する張り紙などです。
我が家は私が花粉症ですから、シーズンインの前にマスクは少しばかり買い込んであり、まずまず今月いっぱいは買い足す必要はありませんし、いくらなんども3月中にはマスクが出回るものと楽観していて、開店前の早朝から並ぶことはまったく考えていません。ただ、マスクの購入については、私もいくつかエピソードを聞いていて、実際の目的と KPI=Key Performance Indicator を取り違えた本末転倒のケースがいくつか典型的に見られるような気がします。
まず、我が家もそうだったんですが、新型コロナウィルス(COVID-19)の流行が始まったころ、カミさんや帰省して来た下の倅などにドラッグストアの前を通る際にマスクを売っているなら買うように言い置いたところ、要するに、ドラッグストアにマスク販売の有無を確認しに行くというKPIが自己目的化して、本来の目的であるマスクを買うのではなく、ドラッグストアに行けばOK、というカンジになっていました。そして、次に、朝の開店前のまだ寒い中を早くから並んでマスクを買おうとする行為は、むしろ健康にはよくないような気がします。すなわち、本来は、健康を守るという目的だったのが、そのKPIのひとつであるマスクを買うというのが自己目的化してしまって、本来の目的である健康を犠牲にしてまでも早朝から開店前のドラッグストアに並んでマスクを買い求める、という行動になるんだろうという気がします。
まあ、このような本来の目的とKPIを取り違えうケースというのはいっぱいあって、例えば、企業経営でも、本来、企業というのは経済学的には利潤最大化を目的にするハズなんですが、その前段階のKPIとして売上の目標を設定したり、さらにその前段階のKPIとして来店客数を設定する例の少なくありません。でも、例えば、売上を伸ばすために大幅なディスカウントをしたりすれば、利潤最大化には阻害要因となる場合があるかもしれません。

後10日ほどとなった残り少ない東京の日々を、いろいろと考えて過ごしている週末でした。
Entry No.6549  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年03月08日 (日) 16:30:00

3月8日の本日の雑感!!!

あまりいいお天気ではなく、時折雨が降りましたが、止む時間帯もあり、昨日から今日にかけて、図書館や買い物などに外出する機会もありました。今日は、午前中に読書感想文をアップしましたが、加えて、この週末土日の雑感です。
まず、図書館の新型コロナウィルス(COVID-19)対策が広がっています。北区立図書館や板橋区立図書館は来館者をシャットアウトしています。出入り口から2~3メートルのところまでしか入れず、予約本の受取りや返却しか対応しておらず、書架まで本を見に行くことすらできません。他方、練馬区立図書館や港区立図書館は、イベントの中止はしているのでしょうが、普通に書架から本を取り出すこともできますし、読書席に座って本を読むこともできるようです。どちらが正しい対応かは評価の分かれるところですが、少なくとも、来館者シャットアウトなんて、親方日の丸の公立図書館だから出来ることであり、フツーの民間ビジネスなら商売上がったりなんだろうと思います。
買い物にでた折にも、花粉飛散のピークを迎えてついついマスクを探しましたが、我が家周辺のドラッグストアへのマスク入荷はまだないようです。でも、区内のドンキではトイレットペーパーが山積みされており、通常の買い方をする人はいましたが、まあ、あれだけ積んであると見向きもされない、というカンジかもしれません。
今日の午後は、阪神の野球をテレビ観戦しました。甲子園での巨人とのオープン戦でしたが、流行語にもなりつつある無観客試合でした。何か、私には違和感ありましたが、解説者の方からは、無観客試合の方がいい成績を残せる選手もいそう、という見方にはナルホドと感じてしまいました。

今シーズンはリーグ優勝と日本一目指して、
がんばれタイガース!
Entry No.6542  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年02月24日 (月) 10:30:00

この3連休は花粉がいっぱい!!!

一昨日と昨日はかなり花粉の飛散を感じましたが、今日も含めて、この3連休は大量の花粉が飛散するようです。土曜日恒例の図書館回りを別にすれば、この3連休は基本的にインドア志向でプールで泳いだりしているんですが、昨日午後は、プールから上がった途端に明らかに花粉を吸い込んでのくしゃみが出てしまいました。下の地図は本日2月24日の花粉飛散予想で、ウェザーニュースのサイトから引用しています。

photo


今日もプールに泳ぎに行くんですが、抗アレルギー薬も強めのを活用しつつ、そろそろ市販の目薬から処方薬の点眼薬に切り替えたいと考えないでもありません。
Entry No.6527  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年02月23日 (日) 17:00:00

日本気象協会による「桜開花予想」は記録的な早さを予想!!!

今週木曜日2月20日に日本気象協会から「桜開花予想」が明らかにされています。日本気象協会のサイトから引用した下の桜前線の地図の通りです。

photo


今年のサクラの開花は、3月16日に福岡からスタートする見込みで、関東から東北では、平年より10日前後早く開花すると予想されており、全国的に平年より早く、というか、記録的な早さで開花すると見込まれています。我が家が関西に引越すよりも早くに開花し始めるのかもしれません。
Entry No.6526  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年02月16日 (日) 15:00:00

引越しと転職に際してイメージチェンジを考える?

3月中に関西に引越して、4月から新しい職場に転職、というか、再就職するに当たって、イメージチェンジを考えないでもありません。というのも、下の倅は大阪に引越して大学生になるに際して、特段の変化は見せなかったんですが、上の倅は大学を卒業して就職する際、髪型を変えてメガネもコンタクトに変更したりしていました。もちろん、服装も出勤の際は、私は見たことありませんが、スーツにネクタイなんだろうと思います。
ということで、私もイメチェンを考えると、まず第1に、髪型です。実は数年前に、役所の後輩が、やっぱり、大学の教員になる直前に髪を丸刈りにしたことがありました。それなりの年齢に達して髪の毛が細くなったり、やや薄毛になったりするのはあり得ることで、一時、役所の研究所で丸刈りにする男性が何人か出たのも事実です。しかし、私は60年余りの生涯で未だかつて頭を丸刈りにしたことがなく、抵抗が大きいと感じました。もちろん、長髪も想定外です。第2に、髪型と同じような顔の造作を考えて、ヒゲはどうかという気もしました。しかし、これも10年余前に試みた経験があるんですが、私の場合、髪の毛について頭頂部が薄くなってはいるものの、まだかなり黒っぽく見える一方で、10年余前ですらヒゲはほとんど白髪でした。従って、これも諦めた方がよさそうな気がします。第3に服装です。実は、10年近く前まで私は統計局で本省課長を務めており、その際は、通常のサラリーマン的なスーツにネクタイでした。でも統計局勤務を終え、国立の研究機関を経て親元官庁の研究所に戻って、最終的に定年退職するまで研究職が長く、すっかり、ズボンは細身のチノパンで、トップスは、アイロンもかけないヨレヨレのオックスフォードのボタンダウシャツにノーネクタイ、それにユニクロあたりのソフトジャケットを羽織る、というスタイルになってしまいました。クツもその昔のリーガルのビジネスシューズではなく、さすがにスニーカーではないものの、適当な合成皮革のカジュアルシューズを愛用しています。平気で役所にデザートブーツを履いていったりします。大学教員であれば、ジーンズにスニーカーでもOKそうな気がしますから、さらにドレスダウンする余地は残されているものの、大きな変化でもなさそうです。
従って、見た目の変化は大きくなさそうなんですが、ひとつふたつ、プールで泳ぐ際のスイムキャップは、トリコットからシリコンゴム製に買い替えました。見た目の変化とともに、髪の毛へのダメージを小さくしたいと考えています。それから、年齢とともに腰痛や肩こりがひどくなり、今までリュックを片肩だけでかけていたのを、両肩にかけるようにしようとも考えています。ともに小さな変化です。しかし最後に、見た目ではないんですが、言葉がネイティブの関西弁に戻りそうです。というのも、私は独身のころ浅草にほど近い大関横丁や三ノ輪橋あたりのアパートを借りていて、チャキチャキの下町言葉を駆使します。意識しないと「まっすぐ」とはいえず、「まっつぐ」になってしまいます。言葉は生まれ故郷の関西に引越せば、関西弁にムリなく戻りそうな気がします。
Entry No.6519  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年02月02日 (日) 18:00:00

今週後半から強烈な寒気到来か?

今年は暖冬だと言われ続けてきましたが、今週後半木曜日あたりから、いよいよ本格的で強烈な寒気が到来しそうです。

photo


上の画像は
ウェザーニュースのサイトから引用しています。今週火曜日の4日の立春以降は日本列島の上空に寒気が流れ込みやすくなり、特に、5日(水)から6日(木)にかけてが寒気のピークで、北海道の上空5000m付近には-42℃以下の今シーズンもっとも強い寒気が流れ込む予想となっています。最後のセンター試験は終了したものの、大学入試の本番はこれからです。特に、受験生諸君は体調に万全の配慮で悔いのないようがんばりましょう。
Entry No.6505  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年01月30日 (木) 21:30:00

本日と明日のブログはお休み!!!

諸事情あって、今、東京を離れています。
本日と明日のブログはお休みとし、明後日の土曜日には自宅に戻る予定ですので、可能な限り、この私のブログのもっとも重要なコンテンツである読書感想文はアップしたいと考えています。ただ、明日は月末閣議日で、鉱工業生産(IIP)や雇用統計などの経済指標が公表される予定なのですが、今月はパスします。
Entry No.6502  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年01月26日 (日) 16:30:00

今週のお天気は大荒れか?

実は、4月から勤務する私大の研究室を見せてもらったり、不動産屋さんに新しい住まいの候補となる物件をいくつか見学させてもらうため、今週後半関西方面に出かける予定なんですが、東京も関西もお天気が大荒れのような雰囲気で、やや心配です。

photo


まず、上の天気図はウェザーニュースのサイトから引用しています。週明けの明日1月27日(月)は低気圧の接近に伴い、西日本の広い範囲で荒れた天気となるようで、特に、東シナ海を進む低気圧と大陸の高気圧との気圧差が大きく、沿岸部は東よりの風が強まる見込みとなっており、低気圧や前線に向かって暖かな空気が流れ込むため、1月としては記録的な大雨の可能性があります。取りあえず、今週前半の西日本のお天気ですから、私が行く週後半はここまで荒れたお天気ではない可能性もあります。

photo


次に、上の天気図もやっぱりウェザーニュースの別のサイトから引用しています。週明けの交通機関への影響予測なんですが、‹鉄道›、‹高速道路›、‹空の便›、の3部作から私が使う鉄道のみを引用しています。週後半の東海道新幹線への影響が気がかりですので、引き続きフォローしたいと思います。
Entry No.6498  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年01月19日 (日) 20:00:00

今年の花粉飛散予想やいかに?

つい先日までお正月気分だったんですが、早くも1月の終わりに近づき、2月に入れば花粉の季節となります。やや旧聞に属する話題ながら、東京都福祉保健局から先週1月16日に「令和元年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果」として、花粉の飛散開始日は2月14日から18日ごろ、また、今春の飛散花粉数は、例年の6割、昨春の6割程度、との報道発表資料が明らかにされています。参考資料の「飛散花粉の総数の予測」のpdfファイルから都内12地点平均の飛散花粉数の経年変化のグラフを引用すると以下の通りです。

photo


おそらく、3月中には私は関西に引っ越す予定なんですが、昨シーズンや平年の6割程度の飛散であれば、かなりラクそうな気もします。
Entry No.6491  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年01月17日 (金) 23:00:00

明日から始まる最後のセンター試験、首都圏は雪の可能性!?

明日から最後のセンター試験が始まりますが、ウェザーニュースによれば、下の画像の通り、首都圏で雪の可能性があるようです。早めの行動が必要です。

photo


がんばれ受験生!!!
Entry No.6489  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2020年01月13日 (月) 17:00:00

今シーズンのインフルエンザの流行やいかに?

photo


やや旧聞に属する話題ですが、1月10日付けでウェザーニュースから「インフルエンザ流行予想」が明らかにされています。厚生労働省から発表されるインフルエンザ発生状況に加えて、気象データとの相関をとり、今後のインフルエンザ流行予想を算出したところ、東京では昨年より早く流行が早くなっている、としています。さらに、東京では1月下旬にかけて流行度の高まる傾向が続くとも予想しています。ウェザーニュースのサイトから引用している上のグラフの通りです。
実は、私は今シーズンも昨シーズンもインフルエンザの予防接種はしていません。それまでは着実に予防接種をしていたのですが、昨シーズンは下の倅も大学に通い始めて受験生がいなくなり、今シーズンも昨シーズンと同様に、「インフルエンザにかかれば仕事を休む」という安直な姿勢を貫いています。来シーズンは予防接種をどうするか、はこれから考えます。なお、参考まで、ウェザーニュースのサイトでは都道府県別の流行予想を示しているところ、明記してあるように、上のグラフはあくまで東京のパターンであって、実は、大阪もこれに近いんですが、京都はまったく違います。3月ころには関西に引っ越す予定だけに、やや地域性も気になるところです。
Entry No.6484  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年12月29日 (日) 12:00:00

年末年始のお天気やいかに? 初日の出は拝めるのか?

photo


そろそろ、年末年始の天気予報が明らかにされています。上の画像は、まさに、そのものズバリの年末年始の天気予報であり、ウェザーニュースのサイトから引用しています。
私は基本的に朝に弱くて寝坊するタイプなので、初日の出なんて拝んだこともなく、夜中の富士登山でご来光なんて、とてもではありませんが、60歳の還暦を超えてムリと諦めています。ただ、気になる人は気になるでしょうから、下の地図は日本気象協会のサイトから 2020 初日の出見えるかなMAP を引用しています。何らご参考まで。

photo
Entry No.6468  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年12月15日 (日) 18:30:00

2019年今年の漢字は令和の「令」!

photo


先週木曜日の12月12日、日本漢字能力検定協会から今年の漢字は令和の「令」と明らかにされました。まあ、そうなんでしょうね。それだけでした。
Entry No.6454  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年11月17日 (日) 15:00:00

そろそろ通勤時はコートを着てオフィスではカーディガンを羽織る季節に入ったか?

晩秋から冬の気候に進みつつあるのが実感され、先週あたりからそろそろ寒さが増してきました。ここ数年来いわれていますが、夏が終わると秋ではなく一気に冬が来るような気がしないでもありません。私は京都出身ですので、雪が降るような極端に寒いところは別にして、熱帯のジャカルタでも、あるいは逆に、少々の寒さでも対応可能だと見なされる場合も少なくないんですが、もともとが寒がりな上に還暦を超えて暖かい服装を心がけています。下の画像は、ウェザーニュースのサイトから引用した服装と気温の関係です。私は一昨日の金曜日から通勤時に軽めのコートを着用し始め、その少し前からオフィスでカーディガンを羽織っています。

photo
Entry No.6425  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年11月10日 (日) 15:30:00

ユーキャン 新語・流行語大賞 第36回2019年ノミネート語やいかに?

先週11月6日に ユーキャン 新語・流行語大賞 第36回2019年のノミネート語30語が明らかにされています。以下の通りです。

photo


改元はもちろん、ラグビーのワールドカップなどのスポーツ関係、気候変動に起因する異常気象の関連、あるいは、相変わらず、ドラマや流行歌などからのタイトルや決めのフレーズなども入っています。実は、私が注目しているのが「免許返納」です。私は従来から我が国の社会保障政策が高齢の引退世代に手厚すぎる弊害を指摘しているんですが、「上級国民」と「免許返納」がこのあたりから出て来たように思わないでもありません。加えて、我が家のルーツの京都の本家を継いでいる叔父が、とうとう免許返納したと聞き及び、それなりに身近な話題という気もします。でもまあ、どちらも大賞ではないんだろうと予想しています。経済的なトピックとしては「サブスク」や「軽減税率」は当然として、「〇〇ペイ」は30語に入っても、「キャッシュレス決済」とか「QR決済」は入らないんですかね。やや不思議です。まあ、「MMT」はダメなんだろうとは覚悟しています。気のせいかもしれませんが、経済に基づく流行語が少ないような気がするのは、人手不足による雇用拡大とともに景気局面がそれなりに順調なんだろうと受け止めています。
Entry No.6417  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年11月04日 (月) 19:50:00

近畿地方で木枯らし1号が吹き冬近し!!!

photo


ニュースなどでもチラリと取り上げていましたが、今日の昼過ぎに近畿地方で木枯らし1号が吹いたと、大阪管区気象台が発表しました。昨年より18日早いそうです。なお、上の画像は、ウェザーニュースのサイトから引用しています。木枯らし1号は、晩秋から初冬にかけて、その年初めて吹く強い北風のことで、東京地方と近畿地方の限定ながら、気象庁や気象台から公表されます。ただ、東京と近畿では定義が若干違っており、同じサイトから引用すると以下の通りです。

東京地方
 
時期
10月半ば~11月30日
気圧配置
西高東低の冬型
風向
北から西北西の間
風速
最大風速が8m/s以上
近畿地方
 
時期
二十四節気の霜降~冬至
気圧配置
西高東低の冬型
風向
北北東から西北西の間
風速
最大風速が8m/s以上


我が生まれ故郷であり、父祖の地である関西では、そろそろを迎えるのかもしれません。
Entry No.6411  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年10月27日 (日) 18:30:28

日本気象協会による「2019年紅葉見ごろ予想 (第2回)」やいかに?

photo


10月23日に日本気象協会から「2019年紅葉見ごろ予想 (第2回)」が明らかにされています。
この秋の気温は全国的に平年より高く経過しており、今後も11月にかけて平年より高い見込みであり、このため、朝晩冷え込む時期も遅くなると予想され、観光名所の紅葉見ごろ時期は全国的に平年並みか遅くなると予想されています。例えば、東京の見ごろは平年であれば11月下旬頃なんですが、今年は12月上旬に遅れるようです。
Entry No.6403  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年10月22日 (火) 15:30:00

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)による「ラグビーに関するアンケート調査」の結果やいかに?

私はほとんど興味なかったんですが、ラグビーのワールドカップが我が国で開催されており、先日、日本チームは南アに敗れてベスト8で敗退しましたが、社会的には大きな盛り上がりを見せていました。ということで、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が「ラグビーに関するアンケート調査」の結果を10月17日に明らかにしています。もちろん、pdfのリポートもアップされています。いくつかグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、ラグビーを含めて、スポーツの中で好きな球技を複数選択で聞いた結果のグラフをCCCのサイトから引用すると上の通りです。1位は「野球」(40.2%)、2位は「サッカー」(31.1%)、3位は「テニス」(27.2%)、4位は「バレーボール」(23.8%)、5位は「バスケットボール」(17.3%)となり、「ラグビー」は6位(15.5%)に入りました。まあ、やっぱりそうなんですよね。私のように、ワールドカップで盛り上がっていながら、読書に取り入れるくらいで、それほどラグビーに興味を示さない人は、決して多くなく、それなりに興味を示す一方で、好きなのはやっぱり野球でラグビーはそれほどではない、ということなんだろうと思います。また、球技に限っていますから、私はこれまた興味ないんですが、男性の中には一定の格闘技ファンがいるんではないかと想像します。

photo


まず、ラグビーワールドカップを具体的に観戦したり、見聞きしたりしたかを複数選択で聞いた結果のグラフをCCCのサイトから引用すると上の通りです。このアンケートの調査期間が10月2日までで、第1週のロシア戦と第2週のアイルランド戦は終了していた可能性がある一方で、予選リーグ戦最後のスコットランド戦や決勝トーナメントの日本チーム最終戦であるあ南ア戦の前で締め切られていますので、もっと直近ではテレビで試合を見た向きはさらにパーセンテージが高まっている可能性はある一方で、同時に、ニュースで見聞きした割合も高まっているんでしょうし、結局のところ、私のようにニュースで見聞きした、という人が多いのは理解できる気がします。まあ、新聞の1面トップに記事が掲載されていれば見聞きしないわけにもいかないような気がします。

引用したグラフ以外にも、男女別年齢別のラグビーへの興味度合い、あるいは、注目の日本選手などについても質問しています。注目選手のトップは、もちろんキャプテンのリーチ・マイケル選手でした。最後の最後に、ラグビーという球技に関しては、私は割合と代表的な日本人であることが確認できた気がします。
Entry No.6398  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年10月20日 (日) 22:10:00

年初来やや低下のトレンドにあったBMIは22くらいで7月以降安定したか?

photo


今年2019年の正月が明けて。、23を超えていたボディ・マス指数(BMI)は、その後下がり続けていたんですが、最近時点で少し前から振り返ると、年央6~7月ころから標準的な22近傍で安定しているようです。もう60歳を超えましたし、まあ、いいセンではないかという気がします。
Entry No.6396  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年10月06日 (日) 13:40:00

日本気象協会による「2019 紅葉見ごろ予想」やいかに?

photo


今週木曜日の10月3日付けで、日本気象協会から2019 紅葉見ごろ予想が明らかにされています。上の画像の通りです。一般に、紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅れるそうなんですが、全国的に気温が11月にかけて平年より高く、朝晩の冷え込みが強まる時期も遅れると予想されており、今年の観光名所の紅葉見ごろ時期は、全国的に平年並みか遅くなると見込まれています。地域的にも関東を含む東日本や西日本とも全国と同じで、平年並みかやや遅くなるようです。
Entry No.6377  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年08月11日 (日) 18:55:00

今どきの日本の中高生は働き方改革推進よりもワーカホリック志向なのか?

先週火曜日の8月6日にソニー生命保険から「中高生が思い描く将来についての意識調査 2019」の結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。いろんな幅広いトピックを集めた包括的な意識調査なんですが、ひとつだけ、私が興味を持ったのは、仕事や働き方に関する意識で、「好きなことを仕事にしている」方を「安定した仕事に就いている」よりも幸せと感じる一方で、政府が進めている昨今の働き方改革に逆行して、というか、何というか、「給料は低いけれど、残業時間が短い会社で働いている」よりも「給料は高いけれど、残業時間が長い会社で働いている」方を志向している点です。もちろん、矛盾するのは当然なんですが、ワーカホリックでお給料の高い世界を志向しているように見えるのには、ちょっとびっくりしました。私の能力では解説のしようがないので、以下の通り、ソニー生命保険のサイトからグラフだけ引用しておきます。

photo
Entry No.6292  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年07月14日 (日) 16:40:00

インテージによる「汗とニオイ対策調査2019」の結果やいかに?

とても旧聞に属するトピックで、まだ梅雨も明けていない段階ながら、先々週の木曜日7月4日にインテージから「汗とニオイ対策調査2019」の結果が明らかにされています。かなり大きなタイトルなんですが、中身は制汗剤市場の動向から始まっています。グラフをいくつか引用して簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


ということで、まず、上のグラフはインテージのサイトから制汗剤の市場規模推移と形状の構成比推移のグラフを引用しています。実は、2枚の別のグラフなんですが、私の方で勝手に結合させています。今年の調査結果の特徴のひとつは、上の棒グラフに重ねてある折れ線グラフに見えるように、2018年度に、長らく制汗剤市場でトップシェアを誇っていたパウダースプレータイプをシートタイプの売り上げが抜いた点であるとインテージは主張しています。調査で判明している15年間で、パウダースプレータイプは205億円から116.2億円と4割以上の減少を見た一方、シートタイプは41億円から116.4億円と3倍近く増加を示しています。ただ、私はトータルの制汗剤市場の規模にも着目していて、基本的に右肩上がりの売れ筋商品ながら、2014年度に落ち込みを見せているのは消費税率の引き上げがあったからなのかどうか、制汗剤市場を取り巻く個別の何らかの要因もあるのかもしれませんが、やや気にかかるところです。いずれにせよ、私はほとんど制汗剤を使用したことがなく、市場規模などについてもやや実感に薄いところです。というのも、やや理屈っぽいんですが、制汗するというよりも、自然に汗をかいた上で、そのニオイをどうするかの対策の方がいいんではないか、と考えていたりするからです。

photo


ほかにも興味深い調査結果はいくつかあるんですが、大胆に割愛して最後に、上のグラフはインテージのサイトから行っている汗・ニオイ対策のグラフを引用しています。上位15位までであり、トータルのほかに男女でも判るようになっています。少し縮小していますので見にくいかもしれませんが、明らかに、女性の方が対策を実施している割合が高く、逆に、何もしていない割合は男性の方が高くなっています。当然です。特に大きな差が見られるのは、本調査のメインテーマである「制汗剤を使う」となっているようです。ただ、洗濯や食事で気を遣うのは家族任せにしている男性もいそうな気はします。ちなみに、私自身は汗をかきやすい季節だけでなく、オールシーズンで「フレグランスや香水を使う」だったんですが、定年退職する前の研究所と違って、今のオフィスはやや人口密度が高いような印象があり、加えて、まだ本格的に汗をかく夏の前の梅雨が続いていて、現状は「対策はしていない」ということになっています。私の場合は、それほど汗かきでもなく、むしろ、プールで泳いだ後のカルキのニオイが抜けなかったりして、ついついフレグランスに頼ってしまいます。プールの後のカルキのニオイも含めて、あるいは、年齢的な加齢臭まで含めて、まあ、定年退職した60代ですので、多少のエチケット違反は大目に見てもらえるんではないか、という甘い気がしなくもありません。でも、そのうちに今の職場でもフレグランスにチャレンジしたいとは思っています。

最後に、実は、インテージのサイトにある最新の調査結果のニュースは、7月9日に明らかにされた「食事法・食スタイル実態2019」であり、ローカーボ食とか、ヴィーガンやマクロビアンとかのベジタリアンとか、グルテンフリーとか、ファスティングなどの食スタイルに着目しているんですが、少なくとも、私は60歳を超えてからは、ダイエットや体重についてはまったく関心を失いました。というのは、年齢的に暴飲暴食の機会も多くありませんし、暴飲暴食の量も昔ほどではなく、たとえ暴飲暴食で体重が増加したとしても、その後、下痢や食欲不振に陥って数日で体重が戻ります。知り合いの、特に、女性からはとてもうらやましがられる場合があるんですが、それほど健康的というわけでもないような気がしてなりません。
Entry No.6249  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年06月17日 (月) 22:25:00

人気のあった東京オリンピックの観戦チケット抽選申し込みやいかに?

とても旧聞に属する話題ですが、東京オリンピックの観戦チケットの事前抽選申し込みについて、6月3日にネオマーケティングから「東京オリンピック事前抽選申し込みに関する調査」の結果が明らかにされています。

photo


実際に、抽選申し込みを行なった式典・競技のランキングのテーブルは上の通りです。何と、トップは「開会式」となっており過半数を上回る52.4%の人がに申し込みを行なっており、2番目の「閉会式」の19.6%に大き差をつけ、圧倒的な人気を誇っています。この2つの式典を別にすれば、競技としては「陸上競技」、「サッカー」、「水泳(競泳)」、「体操(体操競技)」、「野球」、「テニス」、「卓球」、「柔道」といった競技への申込みが多くなっています。判る気がします。

我が家は諸般の事情により、今回は抽選申し込みを見送りました。さて、抽選結果やいかに?
Entry No.6211  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年06月05日 (水) 19:11:00

インテージ「ゴールデンウィーク2019 10連休は長すぎた?」の調査結果やいかに?

昨夜に続いて、やや旧聞に属する話題かもしれませんが、先週水曜日の5月29日付けでインテージから「ゴールデンウィーク2019 10連休は長すぎた?」と題して、今年の長かったゴールデンウィークの振り返りのアンケート調査の結果が明らかにされています。まず、インテージのサイトから今年のゴールデンウィークで取得できた連休の日数の調査結果のグラフを引用すると以下の通りです。

photo


上のグラフを見れば明らかな通り、10連休を取ったという人は29.8%、10連休を超えて11日以上と答えた人も15.4%で、合わせて半数近い人がカレンダー通りかそれ以上の連休を取得していた一方で、休みなしの人も7.1%見られた上に、1~2日しか休日を取得できなかった人も含めれば25%を超える割合となり、休暇日数が通常の土日の週末並み、もしくは、それ以下であり、無視できない割合といえます。もちろん、国民すべてが同じ時期に10連休というのはムリなことは明らかですが、この調査では代替的な休日に関しての情報がないので何ともいえないものの、隠れた格差の存在を感じ取るエコノミストもいるのかもしれません。

photo


次に、インテージのサイトから2019年のGW満足度の調査結果のグラフを引用すると以下の通りです。満足から不満にかけて7段階のリッカート・スケールで調査したようです。当然ながら、休みの少ない、というか、ゼロの人は不満に感じ、10日以上休暇の人は満足感が高くなっています。あまりに当然の結果ですので、「満足」はさて置いて、自由回答で示された「不満」の理由をインテージのサイトから引用すると、まず、「いつもより混雑していて余計に疲れた」と混雑を上げる意見に加え、休みが取れずに普段以上に激務になった人も見られるようで、業種や職種による負担や不公平感を軽減する方策が必要、とインテージでは指摘しています。

photo


次に、グラフは飲用しませんが、10連休という長さについての調査結果では、「長すぎる」が32.6%、「やや長すぎる」が38.9%で計71.5%と、「ちょうどよい」の24.4%を大きく上回っています。それでは、ということで、最後に、インテージのサイトから「長すぎる」と回答した人たちにとって、ちょうどよい休日の日数について調査した結果のグラフを囲繞すると上の通りです。点線で囲ってある通り、3か所でコブがあり、順に、「5日」が36.2%でトップとなり、続いて「7日」が18.7%、さらに、「3日」が16.3%という結果が示されています。私なんぞは長らく働いた後に定年退職して、遠からず「毎日が日曜日」という状態がやって来るわけですから、休みは多い方がいいと考えがちなんですが、収入の面からはビミョーなことろかもしれません。

これ以降は省略しますが、今年2019年のような大型連休がまたあってほしいと思うかどうかを、これも7段階のリッカート・スケールで問うたところ、「どちらとも言えない」から「そう思う」の肯定的な方向の3種類の回答を合計しても36.4%にしか達せず、「そう思わない」の否定的な方向3種類の合計40.4%を下回りました。とても興味をそそられる結果だという気がします。
Entry No.6189  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年05月26日 (日) 14:11:00

第32回サラリーマン川柳ベストテンやいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、先週木曜日の5月23日に第一生命から第32回サラリーマン川柳コンクールのベストテンが明らかにされています。以下のキャプチャ画像の通りなんですが、しみじみと身に染みて鑑賞しています。

photo
Entry No.6173  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年03月31日 (日) 14:28:00

明日発表の新しい元号のイメージを表す漢字やいかに?

先週3月28日にインテージから新しい元号の漢字イメージを探る一環として、「新元号時代のイメージを表す漢字ランキング」の調査結果が明らかにされています。明日の11時半に新元号が政府から発表される予定ですが、簡単に昭和と平成とともに振り返っておきたいと思います。

photo


まず、上のテーブルは昭和・平成と新しい年号の各時代をイメージする漢字のランキングです。昭和については戦争というイメージなんですが、実は、若い世代ほど戦争のイメージが強くなっています。私のようなエコノミストからすれば、むしろ戦後1950年代初頭から1970年台の石油危機までの25年四半世紀近く続いた高度成長の方が印象的なんですが、むしろ、戦争を体験せず情報だけで知っている世代ほど戦争のイメージが強い、というのも判るような判らないような、やや複雑なカンジで私は受け止めています。平成は神戸や東北などで地震が多く、それ以外にも天災や自然災害が多かった印象は確かにあります。新しい年号の時代は、期待も込めて上のような漢字イメーなのだという気がします。

photo


次に、上のグラフは昭和・平成と新しい年号の時代のそれぞれについて年齢別に各時代が明るいか暗いかのイメージを取りまとめています。見れば明らかですが、昭和については若い世代ほど戦争イメージと同じで暗いと見ていて、逆に、平成については世代が若いほど明るいと受け止めています。新元号の新たな時代については、ほぼ各年代とも明るい印象を持ちつつ、やっぱり、若い世代ほど明るいイメージの割合が高い、との結果が示されています。これも判る気がします。

さて、明日発表の新元号やいかに?
Entry No.6092  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年03月21日 (木) 18:56:00

来年の東京オリンピックでもっとも紫外線リスクの高い種目は何か?

とても旧聞に属する話題ながら、我が家で購読している朝日新聞で、3月14日付けで「東京五輪、紫外線を最も浴びる種目は? 競技長いアレ」なる記事を見かけました。元になるのは英国のジャーナル Temperature に掲載された学術論文 Downs, Nathan J. et. al. (2019) "Biologically effective solar ultraviolet exposures and the potential skin cancer risk for individual gold medalists of the 2020 Tokyo Summer Olympic Games" のようです。以下にリンクとともに、論文から Figure 4. Total erythematic ultraviolet exposure of 144 gold medal events scheduled to compete in an outdoor environment arranged by sport category for the 2020 Tokyo Summer Olympics を引用しておきます。



photo
Entry No.6080  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年03月17日 (日) 18:42:00

日本気象協会による2019年第4回桜開花予想やいかに?

photo


先週の木曜日3月14日付けで、日本気象協会から2019年の第4回桜開花予想が明らかにされています。日本気象協会のサイトから、今年の桜開花のポイントを3点引用すると以下の通りです。

2019年桜開花予想
  • ◆開花が最も早いのは、福岡や愛媛県宇和島で3月18日、東京は21日の予想
  • ◆満開のトップは高知と愛媛県宇和島で3月29日、東京は30日の予想
  • ◆3月は全国的に気温が平年より高く、桜の開花・満開とも平年より早い


日本気象協会では、この冬は寒気の流れ込みが持続せず暖冬となった上に、来週から4月上旬にかけて気温は平年より高く、開花・満開ともに平年より早いと予想しています。ただ、今週末にかけて寒の戻りとなることから、関東を除く多くの地域で前回第3回の桜開花予想よりは1日から3日遅くなっているようです。
Entry No.6076  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年03月03日 (日) 18:55:00

ウェザーニュース【第3回桜開花予想】やいかに?

photo


週末は毎度同じような季節の話題を取り上げているんですが、2月26日にウェザーニュースから【第3回桜開花予想】が明らかにされています。ウェザーニュースのサイトからポイントを引用すると以下の3点です。

<ポイント>
  1. 開花予想日: 前回(2/14)の発表から大きな変更なし。東京・靖国神社は3月21日開花の見通し
  2. 西日本は暖冬傾向で休眠打破に遅れ? 開花時期は例年並~やや遅い予想、東・北日本は例年並の開花に
  3. つぼみの生長は昨年とほぼ同じペース。3月は寒暖の変化が大きいが、つぼみの生長は加速と減速を繰り返しつつも順調に進む見込み


東京では、基準となる靖国神社の桜が3月21日、上野恩賜公園が3月22日の開花予想となっています。次回第4回桜開花予想は3月5日の予定だそうです。
Entry No.6062  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年02月24日 (日) 18:27:00

日本気象協会による2019年桜開花予想やいかに?

photo


先週2月21日に、日本気象協会から2019年桜開花予想が明らかにされています。上の画像はいわゆる桜前線です。日本気象協会のサイトによれば、ポイントは以下の3つのようです。

2019年桜開花予想
  • ◆開花が最も早いのは、福岡で3月16日!
  • ◆名古屋3月19日、東京20日、大阪22日に開花予想!
  • ◆3月前半にかけて全国的に気温が高く、開花は平年より早い!


最後のポイントに見られるように、2019年の桜の予想開花日は、今冬が暖冬だったことなどから全国的に平年より早いところが多く、九州の一部を除いて平年より2日から1週間ほど早い見込みだそうです。
Entry No.6054  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年02月17日 (日) 14:39:00

日本気象協会による花粉飛散予測やいかに?

少し旧聞に属する話題ですが、2月14日に日本気象協会から「花粉飛散予測(第4報)」が明らかにされています。すでに、東海や中国、四国の一部や東京都などで花粉の飛散開始が確認されています。簡単に取り上げておきます。

photo


上の日本地図は2019年今年のスギ花粉前線です。日本気象協会のサイトから引用しています。東京都をはじめとして、関東はほぼ花粉飛散が始まっています。

photo


上の日本地図は2019年今年の花粉の飛ぶ量を、上は例年比で、下は昨シーズン比で、それぞれ都道府県別に色分けしています。これも、日本気象協会のサイトから引用しています。我が住まいのある東京都は、昨年比でも、昨シーズン比でも、いずれも「並」ということのようです。ただ、先週日曜日2月11日に取り上げたウェザーニュースの「速報・第3回花粉飛散傾向」では、関東地方は平年比2倍近い飛散量と予想されていましたので、「関東」と「東京」の違いはあるにせよ、1週間で予想がそれほど大きく変わるわけでもないでしょうし、どちらが正確な予想のか、やや疑問が残ります。
Entry No.6047  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年02月11日 (月) 19:33:00

ウェザーニュース速報で関東の花粉飛散を確認!

先週2月8日付けでウェザーニュースから「速報・第3回花粉飛散傾向」として、東京をはじめとする1都12県で花粉シーズンが始まり、東京は昨年より8日早い飛散が確認された、と明らかにされています。

photo


上の画像はウェザーニュースのサイトから引用していますが、上から順に、飛散が始まった関東と北部九州など、それから、真ん中のパネルはそれ以外のいわゆる花粉前線、一番下は関東の今年の飛散量予想です。平年よりも多く、昨年よりも格段に多く飛散すると予想されています。実は、私自身は一昨日の2月9日の土曜日に雪が降っている中でありながら飛散を確認しました。何ともいえず、憂鬱な季節に入ってしまいました。
Entry No.6041  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年02月03日 (日) 18:12:00

マクロミル・ホノテによる「バレンタイン定点調査2019」の結果やいかに?

とても旧聞に属する話題ですが、1月22日にマクロミル・ホノテから「バレンタイン定点調査2019」の結果が明らかにされています。わずかに1000人の小サンプルですが、それなりに興味深い結果も見られます。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査結果のTOPICKSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICKS
  • 働く男女のバレンタインチョコの購入予定、女性は78%で昨年より減少、男性は25%で微増
  • チョコレートの贈り先は男女ともに「本命」が1位でそれぞれ6割超
  • バレンタインチョコの平均予算は「3,400円」で2年連続ダウン
  • 日本の義理チョコ習慣、男女ともに4割の人が否定的


いつもの通り、マクロミル・ホノテのサイトからグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから バレンタインチョコ購入者の贈り先 男女比較 を引用しています。もっとも比率の高い本命チョコの男女差は決して大きくないんですが、義理チョコは男女格差が明確です。職場などではバレンタインに女性が男性にチョコを配ることが期待されている雰囲気があったりするのかもしれません。グラフの引用は省略しましたが、そもそも、バレンタインチョコの購入予定について、女性78%に対して男性25%となっています。昨年から女性が減少した一方で、男性は増加しているので、収斂の方向にあるような気がしないでもないんですが、まだまだ男女差は大きいといえます。

photo


次に、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2019年のバレンタインチョコにかける予算 を引用しています。平均予算は3,400円なんですが、昨年から▲287円ダウンしています。男性の平均予算は昨年よりやや増加している一方で、女性の減少率が大きく、全体では2年連続でご予算減少となっています。それから、これもグラフの引用はしませんが、義理チョコの習慣に関した質問では、否定的な回答の方が多数に上っています。当然かもしれません。
Entry No.6033  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年01月27日 (日) 19:52:00

関東は冬晴れの晴天続きで空気はカラカラに乾燥!

photo


昨日今日と北西の季節風が強いお天気でした。昨日は、自転車で川越街道を北西に進もうとすると、ものすごい風の強さを実感しました。夜のテレビで大坂なおみ選手の全豪お^ぷん結晶ごのインタビューを見て、メルボルンは暑いんだと改めて気付かされてしまいました。東京、というか、関東はいいお天気が続き、空気は乾燥してカラカラです。最初の画像は日本気象協会のサイトから引用しています。
Entry No.6025  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2019年01月25日 (金) 21:37:00

マクロミルによる花粉症対策のアンケート調査結果やいかに?

とても旧聞に属する話題ですが、先週1月15日にマクロミルから花粉症対策のアンケート調査結果が明らかにされています。例年花粉症に悩まされている私もそろそろ対策を始めようと考えていたところなので、ついつい目に入ってしまいました。まず、マクロミルのサイトから調査結果のTOPICSを3点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • スギ花粉対策、3~4割が飛散前から対策開始
  • 今年、対策を強化する人の理由は「2019年の花粉飛散量が多そう」。強化するものは「マスク」が1位
  • スギ花粉対策の平均予算は4,550円


なかなか的確に取りまとめられている印象です。何となく、週末前の気軽な雰囲気で、いつもの通り、グラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、マクロミルのサイトから 2019年のスギ花粉症対策を始めるタイミング のグラフを引用すると上の通りです。昨年2018年12月12日に明らかにされている日本気象協会の「2019年 春の花粉飛散予測 (第2報)」によれば、今シーズンの花粉の飛散は広い範囲で前シーズンより少なめだが、例年よりやや多い、とのことで、早いエリアでは2月中旬からスギ花粉の飛散が開始すると見込まれています。俗にいうように、建国記念日からゴールデンウィークまで、というカンジかもしれません。花粉症対策については、上のグラフで明らかなように、各エリアにおいても3割から4割弱の人が2月前半以前からスギ花粉症対策を始めると回答しています。グラフは引用しませんが、別の質問の回答から、スギ花粉飛散シーズンにあらわれる花粉症の症状は、多い順に「鼻水」93%、「くしゃみ」87%、「眼のかゆみ」83%で、もっともつらい症状は、上位から「鼻水」41%、「鼻づまり」23%、「眼のかゆみ」21%の順となっています。

photo


次に、今シーズンは昨年よりも花粉症対策を「強化する」という人は17%いるようなんですが、その中身について、マクロミルのサイトから 強化する花粉症対策 上位5位 のグラフを引用すると上の通りです。まあ、考えられる選択肢は限定されるんですが、やっぱり、マスクが直接的に効きそうな気もします。アンケート結果では、スギ花粉対策の平均予算は4,550円と締めくくっています。こういったアンケート結果に接すると、いよいよ今年も花粉シーズンの幕開けか、という気がして身が引き締まる思いです。
Entry No.6023  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑
 | BLOG TOP |  OLDER ≫