FC2ブログ

2011年07月09日 (土) 21:40:00

積極的な走塁と完封リレーで東京ヤクルトに快勝!

  HE
阪  神000200121 670
ヤクルト000000000 042


遠く秋田の地方球場でヤクルトをひと飲みして快勝でした。先発のメセンジャー投手は立ち上がりの1回こそ不安定でしたが、6回を投げて2安打零封とほぼ完璧でした。その後も、中継ぎ陣をつないで完封リレーの完成です。打つ方は大きいのが出たわけではありませんが、セカンドゴロで生還した上本選手をはじめ、積極的な走塁が光りました。6番に落とされた新井内野手にもタイムリーが出て「めでたし、めでたし」でした。ナゴヤ・ドームの負け越しの少し嫌な雰囲気を一掃するに足る見事な勝利でした。

明日も勝って、2タテ目指して、
がんばれタイガース!
Entry No.2571  |  阪神タイガースの日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(15)  |  to page top ↑

2011年07月09日 (土) 16:25:00

米国雇用統計のグラフィックス

昨日、米国の労働省から6月の米国雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数は前月からわずかに18千人しか増加せず、うち民間部門は57千人にとどまりました。失業率は前月から0.1%ポイント上昇して9.2%に達しました。まず、New York Times のサイトから記事を最初の4パラだけ引用すると以下の通りです。

Job Growth Falters Badly, Clouding Hope for Recovery
For the second consecutive month, employers added scarcely any jobs in June, startling evidence that the economic recovery is stumbling.
All levels of government shed workers, and hiring by companies continued to slow, resulting in a meager 18,000 new nonfarm payroll jobs last month, the Labor Department reported on Friday. The government also revised downward the small gain for the previous month to 25,000 new jobs, less than half the original estimate.
Although the government's survey of employers showed a slight expansion in jobs, a separate survey of households found that more people were searching for work than in the previous month, causing the unemployment rate to rise to 9.2 percent from 9.1 percent in May.
Economists were stunned. They had been expecting job growth to strengthen in June as oil prices eased and supply disruptions caused by the Japanese tsunami and earthquake receded. Instead, the government's monthly snapshot of the labor market showed that several industries, including construction, finance and temporary services, shrank. At the same time, leading indicators like wages and the length of the average workweek, which tend to grow before employers begin adding more jobs, actually contracted.


次に、いつものグラフは以下の通りです。上のパネルは非農業部門の雇用者数の前月差増減をプロットしています。赤い折れ線が全体の雇用者増減で、水色は民間部門だけです。下のパネルは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期を示しています。

米国雇用統計の推移


私だけでなく、おそらく多くのエコノミストは、極めて disapointing な結果であり、引用した記事にもある通り、stunned と受け止めています。市場の事前コンセンサスでは増加幅は10万人を上回るとの期待があり、ADP は15万人を超える結果となっていました。今回の景気回復局面における雇用動向の特徴なのか、そもそも景気の回復テンポが緩やか過ぎるのか、米国経済が2番底をつけに行くのか、いろいろと議論を呼びそうな数字です。

Jobless Recovery


最後に、New York Times のブログサイトである Economix をマネた Jobless Recovery のグラフは上の通りです。
Entry No.2570  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑
 | BLOG TOP |