FC2ブログ

2013年03月24日 (日) 11:39:00

Coffee Break Jazz Piano を聞く

photo


図書館で予約してあった順番が回って来ましたので、Coffee Break Jazz Piano を聞きました。取りあえず、収録曲とアーティストは以下の通りです。

  • disc 1
    1. Take the 'A' Train/Phineas Newborn Jr.
    2. Los Ojos Alegres (The Happy Eyes)/Duke Pearson
    3. Paulistana/Eliane Elias
    4. Gigabyte/Jeff Lorber
    5. Pisces/Bobby Lyle
    6. Whiplash/Earl Klugh & Bob James
    7. Love Is Losing Game/平戸祐介
    8. Maiden Voyage/Everything in Its Right Place/Robert Glasper
    9. Ruby My Dear/Thelonious Monk
    10. Moon River/Beegie Adair
  • disc 2
    1. Besame Mucho/The Three Sounds
    2. Caravan/Duke Ellington
    3. What Is This Thing Called Love?/George Shearing
    4. Congalegre/Horace Parlan
    5. Pannonica/Chick Corea
    6. Whisper Not/Ray Bryant
    7. Stella by Starlight/Kenny Drew
    8. Violets for Your Furs/Jutta Hipp & Zoot Sims
    9. Autumn in New York/Bill Charlap
    10. As Time Goes By/Bill Evans


さすがに、平戸祐介が quasimode のピアニストだということぐらいは知っていますが、disc 1 に収録された曲を弾いているピアニストの中には不勉強にして存じ上げないジャズメンも何人かいます。また、誠に失礼ながら、我が国を代表するジャズ・ピアニストであれば小曽根真であるべきです。せめて、上原ひろみか山中千尋、はたまた秋吉敏子あたりかもしれません。松永貴志でもいいような気もします。このあたりは何ともいえません。昨夜見た映画「横道世之介」では峰厚介のテナー・サックスが流れていました。ナベサダのアルトの方が有名なんでしょうが、映画ですから有名なジャズの演奏を主眼にしているわけでないことは理解しています。
バド・パウエルが入っていないのも理解できません。後、私の好み以外の何物でもないんですが、キース・ジャレットとハービー・ハンコックは落として欲しくなかった気がします。「処女航海」を収録するんであれば、ハンコックのピアノが聞きたかったジャズ・ファンは少なくないでしょう。ハンコックのオリジナルの演奏ではホーンが入っているのがよくなかったのかもしれません。さらに、欧州系のピアニストも捨てがたいものがあります。ヨーロピアン・ジャズ・トリオとか、エンリコ・ピエラヌンツィやヤン・ラングレンなどです。もしかしたら、ケニー・ドリューで代用しているのかもしれません。

3月3日付けのエントリーで取り上げた Coffee Break Jazz のシリーズを聞いていて、どれか忘れたんですが、アントニオ・カルロス・ジョビンの「3月の水」 Águas de marçoを米国人がフランス語で歌っているトラックがありました。それを日本人に聞かせているわけです。厳しいブラジルの夏を乗り切った後の「3月の水」、名詞を羅列した歌詞です。日本人では菊地成孔が演奏しているのを聞いた記憶がありますが、このフランス語を聞いて、このシリーズはジャズというものに対して大いなるカン違いをしている気がしたことを思い出しました。
Entry No.3351  |  音楽鑑賞の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |