FC2ブログ

2018年04月28日 (土) 18:12:00

4月の読書やいかに?

誠に有り難いことに、知り合いから何と多くも2人の問合せがあり、ほかはともかく、読書記録は参考にしているので何とかならないか、というご意見でした。何はともあれ、4月の今日までに読んだ本だけ、以下の通り、羅列しておきたいと思います。

まず、4月第1週1日(日)から7日(土)の読書は以下の通りです

photo


まず、ブルック・ハリントン『ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番』(みすず書房) です。

photo


次に、白河桃子・是枝俊悟『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』(毎日新聞出版) です。

photo


次に、落合陽一『日本再興戦略』(幻冬舎) です。

photo


次に、デービッド・アトキンソン『新・生産性立国論』(東洋経済) です。

photo

photo


次に、ウンベルト・エーコ『女王ロアーナ、神秘の炎』上下(岩波書店) です。

photo


最後に、道尾秀介『風神の手』(朝日新聞出版) です。

次に、4月第2週8日(日)から14日(土)の読書は以下の通りです

photo


まず、ダニ・ロドリック『エコノミクス・ルール』(白水社) です。

photo


次に、阿部正浩・山本勲[編]『多様化する日本人の働き方』(慶應義塾大学出版会) です。

photo


次に、城田真琴『大予測 次に来るキーテクノロジー』(日本経済新聞出版社) です。

photo


次に、波頭亮『AIとBIはいかに人間を変えるのか』(幻冬舎) です。

photo


次に、エリック H. クライン『B.C.1177』(筑摩書房) です。

photo


次に、白石雅彦『「ウルトラセブン」の帰還』(双葉社) です。

photo


最後に、軽部謙介『官僚たちのアベノミクス』(岩波新書) です。

次に、4月第3週15日(日)から21日(土)の読書は以下の通りです

photo


まず、リチャード・ボールドウィン『世界経済大いなる収斂』(日本経済新聞出版社) です。

photo


次に、小野塚知二『経済史』(有斐閣) です。

photo


次に、ロバート H. フランク『ダーウィン・エコノミー』(日本経済新聞出版社) です。

photo


次に、ロバート H. フランク『幸せとお金の経済学』(フォレスト出版) です。

photo


次に、デビッド・ウォーラー/ルパート・ヤンガー『評価の経済学』(日経BP社) です。

photo


最後に、藤田覚『勘定奉行の江戸時代』(ちくま新書) です。

次に、4月第4週22日(日)から本日28日(土)の読書は以下の通りです

photo


まず、 ガイ・スタンディング『ベーシックインカムへの道』(プレジデント社) です。

photo


次に、松尾博文『「石油」の終わり』(日本経済新聞出版社) です。

photo


次に、ジェリー Z. ミュラー『資本主義の思想史』(東洋経済) です。

photo


次に、塩田潮『密談の戦後史』(角川選書) です。

photo


次に、ボブ・ホルムズ『風味は不思議』(原書房) です。

photo


次に、塚崎朝子『世界を救った日本の薬』(講談社ブルーバックス) です。

photo


最後に、佐藤成美『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス) です。
Entry No.5715  |  読書感想文の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |