FC2ブログ

2019年07月24日 (水) 19:30:00

国際通貨基金(IMF)の「世界経済見通し改訂見通し」は成長率を下方修正!

昨日7月23日、国際通貨基金(IMF)から「世界経済見通し改訂見通し」World Economic Outlook, July 2019 が公表されています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。今年から来年にかけての世界経済の成長率見通しは、それぞれ2019年+3.2%、2020年+3.5%と、4月時点の見通しから▲0.1%ポイント下方修正されています。ただ、4月時点でその直前の見通しから大きく下方修正していましたので、4月から大きな変更はないとはいうものの、下方修正が連続している点は忘れるべきではありません。

photo


まず、上のテーブルは IMF Blog のサイトから成長率見通しの総括表を引用しています。下方修正された要因はそのまま先行き見通しの不透明さにつながるわけですが、リポートでは、"Global technology supply chains were threatened by the prospect of US sanctions, Brexit-related uncertainty continued, and rising geopolitical tensions roiled energy prices." ということで、米中間の貿易摩擦、英国のEUからの脱退の不透明さ、そして、エネルギーを巡る地政学的緊張の3点を上げています。先行きの下振れリスク要因としては、これらの他に、"financial vulnerabilities" 金融面の脆弱性を上げています。そして、緩和的な政策対応を求め、特に、"If growth weakens relative to the baseline, macroeconomic policies will need to turn more accommodative, depending on country circumstances." さらに成長率が下振れする場合、各国の置かれた状況により、いっそうの緩和政策が必要、と結論しています。
最後に、下の画像は IMF のサイトから INFOGRAPHICS を引用しています。

photo
Entry No.6262  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |